TOP > 映画作品を探す > 魔城脱走記

「我は海の子」「勝鬨」のフレディー・バーソロミュウと「奴隷船」「虎鮫島脱獄」のワーナー・バクスターが主演する映画で、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説の映画化である。脚色には「シカゴ」のソーニャ・レヴィーン、「勝鬨」「軍使」のアーネスト・パスカルエリナー・ハリス、及びエドウィン・ブラムが協力し、「ロスチャイルド」「紳士ギャング」のアルフレッド・ワーカーが監督に当り、「この三人」「木に登る女」のグレッグ・トーランドが撮影した。助演者は無名より抜擢されたアーリーン・ホイーランドを始め、「ハリケーン(1937)」のC・オーブリー・スミス、「空駆ける恋」のレジナルド・オーウェン、「最後のギャング」のジョン・キャラディン、「都会の雷鳴」のナイジェル・ブルース、「奴隷船」のマイルス・マンダー、「13番目の椅子」のラルフ・フォーブスアーサー・ホールE・E・クライヴその他である。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1750年頃、ドミニー家に預けられていたデイヴィッド少年は、父親が米国で死んだとの悲報に接し、名家バルフォア家を継ぐために英国とスコットランドの国境にある古城へ帰ることになった。当時英国の議会ではスコットランドの合併論が起り、ついにアージル侯爵はこの旨を両国に布告した。スコットランドではアラン・ブレックを首領とする一園が合併に反対したが、彼らの計画はたちまち発覚してブレックの首には懸賞金がかけられた。デイヴィッドは城へ行く途中、1人の特使が何者かに暗殺されるのを見た。通り合せたブレックは、現場に居た少年と同志の1人ジェームズを隠家に連行して調べると、殺人はジェームズの仕業だと判ったので彼を米国へ逃がすことにした。少年は伯父エベネッツァの住む古城へ到いたが、財産の横領を企む伯父は米国行の船「コヴェナント号」の船長に依頼して少年を誘拐せしめた。デイヴィッドは船の中で苦しい労働を強いられることになったが、計らずもその船には雄団空しく新大陸に亡命せんとするブレックが、愛するジーンと共に乗船していた。彼はこの船に少年がいることを知るや、デイヴィッドを政府の密偵と狙んで殺そうとさえしたが、ジーンの勧めで話し合ってみると初めて少年の可哀相な運命が判った。3人は秘かに小舟に乗って無道な船長の手から遁れた。そして英国へ上陸すると、ブレックは秘かに同志を集めてエベネッツァを古城に襲い、彼を捕えて誘惑の罪を自白せしめデイヴィッド少年を古城の主たらしめた。しかしブレックは不幸にも捉えられて死刑を宣告された。同志は彼を救うべく剣を取って起ち、アージル侯爵の身辺に危機が迫った時、ブレックは自ら彼らの無謀を説いて暴動を鎮圧した。ブレックはこのために許され、ジーンと共にフランスへ新生活を求めて旅立った。

作品データ

原題 Kidnapped
製作年 1938年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 魔城脱走記