マグノリアの花たち|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マグノリアの花たち

1990年4月20日公開,118分
  • 上映館を探す

ルイジアナ州の小さな町の6人の女性たちの心の交流と友情を描くドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはヴィクトリア・ホワイト、製作はレイ・スターク、監督は「ダンサー」のハーバート・ロス、脚本・原作戯曲はロバート・ハーリング、撮影はジョン・A・アロンソ、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当。出演はサリー・フィールド、ドリー・パートンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカ、ルイジアナ州の小さな町。イーテントン家の人々は、長女シェルビー(ジュリア・ロバーツ)の結婚式の準備で大わらわだった。シェルビーと母のマリン(サリー・フィールド)は、式の身づくろいのために、偏屈者の未亡人ウィザー(シャーリー・マクレーン)や、町長の未亡人クレリー(オリンピア・デュカキス)など町の女たちの社交場、陽気な女主人トルービィ(ドリー・パートン)の経営する美容室にやってきた。ところがその時、シェルビーが発作に襲われた。実は彼女は結婚しても子供を産んではならない体だった。それでもシェルビーは弁護士のジャクソン(ディラン・マクダーモット)と結婚した。やがてクリスマス。トルービィ美容室の美容師アネル(ダリル・ハンナ)はサミー(ケヴィン・J・オコナー)と恋をしていた。妊娠が分かったシェルビーは、命を賭けても子供を産もうと決心する。そして男子を出産して1年後、内臓の機能が低下したシェルビーのために、マリンは片方の腎臓を提供することになり、手術は無事成功した。ハロウィンの頃、アネルとサミーが結婚したが、その直後シェルビーが倒れた。そして昏睡状態の中で、彼女は帰らぬ人となった。シェルビーの葬式の日、失意のマリンを励ます女たちの絆はさらに深く結ばれた。イースターの頃、今度はアネルが妊娠していた。ウィザーも昔の恋人と愛を再燃させている。こうして時は、生と死を乗り越え、町を流れてゆくのだった。

作品データ

原題
Steel Magunolias
製作年
1989年
製作国
アメリカ
配給
コロムビア/トライスター映画
上映時間
118分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • miya kitamura

    5
    2014/7/26

    女優さんが、みんな魅力的!

    最愛の娘を亡くしても、笑わせられてしまう、そんな友情に感動!

    まさに、泣き笑い!!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • okara

    4
    2010/1/5

    憎まれ口や、えげつない冗談の数々(特にシャーリー・マックレーンは最高!)がドン ドン繰り出されますが、本当は皆が気のいい人達ばかりの実に清々しい理想的な素晴らしい街の日常を悲しい出来事も交えながらサラリと描いた、ハーバート・ロスの「愛と喝采の日々」の雰囲気をそのまま生かした良作。それにしても、ここに出てくる女性たちは幾つになっても明るくてユーモアに溢れ、いざという時には芯の強いたくましさがあります。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ミチさん

    5
    2009/4/15

    どういう意味かと言うと、女性特有の感情表現で、悲しいにつけ、嬉しいにつけ、とりあえず言ってしまうところがありますよね。それが男としては、うらやましい。
    男同士はむしろ言わないで、「分かっている」とか言うのですが、それってやはりおかしい。コミュニケーションは分かって、なんぼじゃないですか。それを改めて感じました。
    特にお母さん役のサリー・フィールドや、まとめ役のドリー・パートンが秀逸で、どんな賞でもあげちゃいたい。
    それに比べるとジュリア・ロバーツは一本調子で、後年他の出演者の総額に等しいギャラをもらうキャラクターに成長するとは、とても思えないぞ。ううむ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告