TOP > 上映中の映画作品を探す > マクベス(1971)

シェイクスピア原作の『マクベス』の映画化。アメリカの「プレイボーイ」誌のニュー・M・ヘフナー社長が設立したプレイボーイ・プロダクション製作の第1作。製作総指揮はヒュー・M・ヘフナー、製作はアンドリュー・ブランスバーグ、監督は「吸血鬼」のロマン・ポランスキー、シェイクスピアの原作をポランスキーとケネス・タイナンが脚色。撮影はギル・テイラー、音楽はザ・サード・イアー・バンド、編集はアリステア・マッキンタイアが各々担当。出演はジョン・フィンチ、フランセスカ・アニス、マーティン・ショーニコラス・セルビージョン・ストライドステファン・チェイスポール・シェリーテレンス・ベイラーアンドリュー・ローレンスフランク・ワイリーなど。

3/5
総評価数 4
レビュー 0
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (1)
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

苦しい戦いであったが、マクベス(ジョン・フィンチ)の勇敢な戦いぶりが大きく貢献して、国王ダンカン(ニコラス・セルビー)は勝利を納めることができた。共に戦ったバンクオ(マーティン・ショー)と共に、ふりしきる雨の中を王の本営へと急いだ。その途中、突如2人の前に3人の魔女が現われ、予言を告げた。マクベスが近い将来マーダの領主となり、バンクオは王の父となる、というのだった。マクベスは半信半疑でその後を追ったが、3人は霧のように消えてしまった。翌朝、マクベスのもとに、“戦功によりマーダの領主とする”という知らせが届いた。謎の魔女たちの予言が早くも的中したことに、マクベスは驚かずにはいられなかった。勝ち気で野心家のマクベス夫人(フランセスカ・アニス)は、そのことを知り、いつの日か必ず国王夫人になることを決心し、恍惚とした。そのチャンスは意外に早くやってきた。ダンカン一行がマクベスの城に滞在することになったのだ。ダンカン一行が、歓迎の酒に酔いつぶれたその夜、マクベスは夫人にそそのかされ、ダンカンが眠る寝室に侵入し、短剣を彼の胸に突き刺した。全身の力が抜けたように立ちすくむマクベスを力づけ、夫人は血で汚れた室内の後始末を始めた。一夜が明け、城は大混乱におちいった。凶器は、いつの間にか眠りこけた不寝番の手に握らされていたが、その犯人を追求する前に、身の危険を感じた王の息子マルコム(ステファン・チェイス)とドナルバイン(ポール・シェリー)は行方をくらました。こうして魔女の予言通り、マクベスはスコットランドの王となったものの、今度はバンクオが邪魔になってきた。なぜなら、魔女たちは、バンクオが王の父になる、と予言したのだから。野望を満たすために、マクベスと夫人はバンクオをも殺害した。しかし、王になるべき、バンクオの息子はとり逃がしてしまった。このことが原因で、マクベスは幻覚におびえるようになった。一方、夫人も悪夢にうなされ、とうとう精神に異常をきたし始めた。荒れ狂う城主を反映してか、城の中にも次第に不気味な空気が流れ始め、臣下たちも、その恐怖に追い立てられるように姿をくらました。その頃、ダンカンの息子マルコムは、マクベスに家族を皆殺しにされたマクダフ(テレンス・ベイラー)と共に復讐の準備を整えて、攻撃を開始してきた。その最中に、マクベス夫人は幻覚に耐えきれず、自ら命を断った。兵たちもみな逃亡し、まはや城に残るのは城主マクベス唯1人だった。孤立無援のマクベスと、復讐の念に萌えるマクダフの一騎打ちが始まった。激しい戦いの末、マクベスの首は飛ぶように城の階段をころがり落ちていった。

作品データ

原題 Macbeth
製作年 1971年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア映画
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > マクベス(1971)