TOP > 映画作品を探す > 舞姫悲し

「女の魅力」と同じ顔振れによって製作されたメイ・マレイ主演映画。即ちエドモンド・グールディング原作脚色、ロバート・Z・レナードの監督である。対手は「孔雀の路」の時と同じモント・ブルー

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

輝くフット・ライトの前に華やかに舞うロザリー・ローレンスの艶なる姿はニューヨークの人々の誇りであった。富豪の息子ヒュー・トムプスンはバーバラ・ロイスという父母の選んだ許嫁あるに係わらずロザリーを想っていた。2人は秘密に結婚したが、彼の父はこれを発見し、ロザリーを棄てなければ勘当すると迫るので、ヒューは彼女のもとへそれを告げに来た。彼女の幼馴染みでかつて彼女を想っていたトム・ダーシーはこの事件を新聞で読み、ニューヨークへ来てロザリーを訪れた。富みあって愛なき生活の価値なき事を知ったロザリーはトムの妻として半年を農場に送り半年をニューヨークで踊る楽しさを選んだ。

作品データ

原題 A Broadway Rose
製作年 1922年
製作国 アメリカ
配給 松竹
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 舞姫悲し