マッドボンバー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マッドボンバー

1974年1月25日公開,0分
  • 上映館を探す

世の中からはじき出された2人の男が演じる犯行を描く。製作・監督・脚本・撮影は「魔法の剣」のバート・I・ゴードン、原作はマーク・ベーム、音楽はマイケル・メンションが各々担当。出演はチャック・コナーズ、ヴィンス・エドワーズ、ネヴィル・ブランド、ナンシー・ホンノルドなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロサンゼルスの通りに面した女学校がダイナマイトで吹き飛ばされ、女子学生数人がその犠牲になった。これがロスの町を恐怖に陥れた連続爆破事件の幕開けとなった。犯人はウィリアム・ドーン(チャック・コナーズ)だった。この男、女房と離婚し、かわいい1人娘のアンの成長を楽しみに生きていたのだが、あろうことか娘は麻薬のトリコになって死亡してしまったのだ。この事件以来、彼の精神は少しおかしくなった。娘が死んだのは社会が悪いからだという結論を引き出した彼は、軍隊勤務時代に習得した爆破技術を駆使して社会に復讐しようと考えたのである。彼は次々に病院を始めとして娘が係わった施設を爆破していった。ここにもう1人のオトコジョージ・フロマリイ(ネヴィル・ブランド)が登場する。彼はいい腕を持つ職工で暮らしむきも悪くはないが、性的コンプレックスの持主であり、正常な性生活では満足できなかった。彼は、そのために強姦することで性的カタルシスを味わおうとしていた。1方、ロサンゼルスの警察は爆破事件と強姦事件が併発し、きりきりまいしていた。ロス警察の敏腕刑事、ジェロニモと呼ばれるミネリ(ヴィンス・エドワーズ)は性犯罪と爆破事件が病院で同時に起こったことから、何かのつながりあるとにらみ、ファイルの中からフロマリイを捜し出した。例によって強引なやり方で拘引したジェロニモは、フロマリイの口からドーンのモンタージュ写真を作成する。それを知ったドーンは、釈放されて自宅で自分の女房のポルノ映画を上映しつつ満足げなフロマリイを爆破させてしまう。今や訳のわからない怒りにかられたドーンは、数トンのダイナマイトをトラックに積んで町を走る。それを追跡するロス警察。町は不気味な不安に包まれていた。しかし、パトロール・カーに追いつめられた彼は、トラックに積まれたダイナマイトと共に自爆してしまった。

作品データ

原題
The Mad Bomber
製作年
1973年
製作国
アメリカ
配給
日本ヘラルド映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?