映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛のあけぼの

「最後の地獄船」「青いダリア」のアラン・ラッドと「嘆きの白バラ」「農夫の娘」のロレッタ・ヤングが主演する1944年度作品で、「すべてこの世も天国も」のレイチェル・フィードの小説の映画化である。脚本は「湖中の女」の原作者レイモンド・チャンドラーと「バラはなぜ赤い」のフランク・パートスが協力し、「ベニーの勲章」のアーヴィング・ピチェルが監督に当り、ダニエル・L・ファップが撮影を監督したもの。助演者は「四人の息子(1941)」のスーザン・ヘイワード舞台から来たバリー・サリヴァン等である。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ニュー・イングランドの旧家ブレア家の長女エミリーとジェフ・ストダートの婚約披露の宴が、盛大に催された夜のことである。幸福に輝いていたエミリーは急性の病に襲われて倒れ、命は取りとめたが耳が聞こえなくなる。主治医のウイーク博士はもてあまし幾人もの専門医に彼女を見れるが、誰も治すことが出来ない。姉の披露宴のため、ヨーロッパから急いで帰って来た妹ジャニスはしばしば見舞いに訪れて来る姉の婚約者ジェフと恋におちいる。しかしエミリーの絶望を恐れて2人は飽くまでも秘密にしている。ここにマリック・ヴァンスという若い医師がいる。耳鼻科を専門とし、失われた聴覚を手術によって回復する方法を研究中である。しかし動物実験をしただけで人間に試みたことがないので、彼のうわさを聞いたブレア家から、エミリーに手術をしてくれとの頼みがあったが、成功の確信がないのでなかなか決心がつかない。悪いことには、マリックがエミリーと初めて合った時、彼にはエミリーが家柄を鼻にかけている高慢な娘に見え、彼女はマリックを変な気取屋だと思い込んでしまった。しかしある時水車小屋のガロの息子をマリックが手術してやったが人手が足りないのでエミリーが手術の手伝いをした。その時2人はまじめな性格を持っている人間であることを、お互いにはっきり感じ合い、親愛の気持ちがわいて来る。しばらくしてエミリーはマリックに彼女の手術を承知させる。彼女は手術前にジェフと婚約を解消して問題の起こるのを防いだ。危険な手術は奇跡的に成功した。喜んだエミリーはこのことを人々に知らせようとして自分の部屋からとび出そうとした時、扉の外でエミリーに聞こえるとも知らず、ジャニスとジェフが、エミリーのために自分たちの恋をあきらめようと語り合っていた。エミリーは2人の言葉を聞かないふりして、ジャニスとジェフを結婚させ、またマリックと今は深くも愛し合っているエミリーは自分たちも幸福な結婚生活に入った。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 And Now Tomorrow
製作年 1944年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 愛のあけぼの