TOP > 上映中の映画作品を探す > ウィリアムの結婚

ハンフリー・ワード夫人原作の小説及びマーガレット・メイヨ脚色の舞台劇に基づきルス・アン・ボールドウィンが脚色しエドワード・スローマンが監督したもの。主役は「ワッフル焼」「神の悪戯」等主演のメイ・アリソン。対手役は「鉄拳の治むる国」等主演のウィンダム・スタンディングである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

英国貴族の家に生まれたキティー・ブリストルは内務卿ウィリアム・アッシュの妻となったが、快活で無邪気な彼女には政治などに対する興味がなく、夫の手助けになろうとしてする努力が事ごとに失敗に終わり、遂に彼女は首相の妻と仲違いをし、悪人の計略にかかって風刺書集を出版して、それが図らずも首相夫妻を嘲弄したと誤解され、夫アッシュの政治的生活を失敗させてしまったが、もともと夫のためよかれと計った事であるので、アッシュも妻の心を了解して、恋に2人は生きる事となる。

作品データ

原題 The Marriage William Ashe
製作年 1921年
製作国 アメリカ
配給 松竹
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ウィリアムの結婚