映画-Movie Walker > 作品を探す > ボンド・ボーイ

リチャード・バーセルメスの第4回ファースト・ナショナル映画で、ジョージ・ワシントン・オグデンの原作を、チャールズ・E・ウィティカーが脚色し、例によってヘンリー・キングが監督した。対手役には「霊魂の呼ぶ声」に端役をしていたヴァージニア・マギーや、「女性の悩み」主演のメアリー・アルデン、「雷火落つる時」等出演のメアリー・サーマン等が出演する。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ニューボルト夫人は夫の死後窮乏のうちに息子のジョニーと2人で暮らしていたが、家賃が払えぬのでジョーを地主のアイソン・チェースのもとへ奴隷同様に送らねばならなかった。チェースはジョーを虐待していたが、チェースの妻オリーもまた夫から冷淡な取り扱いを受けて涙のうちに日を送っていた。書物の販売人モーガンはオリーに出奔を勧めた。彼女の心動いたのを見てジョーは彼女にその非を諌めた。その場へおり悪しくチェースが帰って来て、ジョーと争った末、誤って自ら傷ついて死んだが、ジョーはその犯人として捕えられる。自分の無罪を証するためにはオリー夫人の事を話さねばならぬので、夫人の名誉を思い、彼は死刑を宣告されても真相を告白しなかった。しかし彼は死刑の前日オリーがモーガンと同棲している由を聞き、破獄して夫人に迫り真相を告白させる。かくして終始変らぬ愛を捧げていた乙女アリスと彼との恵まれる日は来たのであった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Bond Boy
製作年 1922年
製作国 アメリカ
配給 日活
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ボンド・ボーイ