映画-Movie Walker > 作品を探す > ボクは芸人

「爆弾の頬紅」「米国の暴露」のリー・トレイシーが「わたしのすべてを」「コングの復讐」ノヘレン・マック及び「喝采」「河宿の夜」のヘレン・モーガンと共に主演する映画で、エリザベス・アレクサンダーの原作を「歓呼の涯」「ある日曜日の午後」のグローヴァー・ジョーンズウィリアム・スレイヴンス・マクナットの2人組が潤色し、「南瓜とお姫様」「青春罪あり」のウォルター・デレオンが脚色し、「失恋相談欄」「素晴らしき人生」のアルフレッド・ワーカーが監督に当たり「合点!!承知!!」「絢爛たる殺人」のレオ・トーヴァーが撮影した。助演者は「可愛いマーカちゃん」のリン・オヴァーマン、無銘から抜擢された新子役デイヴィッド・ジャック・ホルト、「恋の手ほどき(1933)」のアーサー・ピアソンディーン・ジャガーアイリーン・ウェーア等である。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

フロレット・ファクスンは旅の劇場で夫のダニイに死なれてしまった。夫と組んで舞台に出ていた彼女は1人では舞台に出ることは出来なかったが、一座にバッド・ハニガンと呼ぶ親切な役者が居て、彼の口添えであるビア・ガーデンの余興に出ることとなった。ビア・ガーデンにハップ・スタンレイという芸人が出ていたが、かれはフロレットと組んで出演するうち彼女と結婚することになった。ところがフロレットの子ジミイはハップと母の結婚を喜ばなかった。彼は心からの芸人であった父の魂を受け継ぎ、自分の芸で母を助け、他人の情にはすがりたくないと思っていたのである。ハップは邪魔なジミイを学校にやってしまう。もともとハップは浮気な男で、やがてフロレットにも飽き昔の情婦リタとよりを戻した。フロレットには暗い日が続いた。ある日、ハップはフロレットに別れ話を持ち出したが、その夜気が転倒したフロレットは舞台のブランコから落ちて、哀れにもこの世を去った。バッドは学校にジミイを訪ねたが、弱気な彼にはジミイに事実を話すことが出来ない。その日、学校ではボニイ・ケイという歌女が子供たちのために歌うことになっていた。ボニイはバドの昔の恋人だった。彼は酒のため彼女と別れたのであるが、ボニイ派彼と別れてから、今では一流の芸人になっていた。バッドはジミイのおかげでぼにいに会い、子供がくさびとなって、2人は昔の恋を取り戻すことが出来た。だが、可愛そうなジミイにはどうしても母の死を伝える事は出来なかった。1年契約で外国の旅興行に出たと教えて、ボニイと3人、新しい生活に入ったのである。やがて、新しい母がジミイに母の死を忘れさす日も来るであろう。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 You Belong to Me
製作年 1934年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ボクは芸人