映画-Movie Walker > 作品を探す > 僕の愛犬

ポインター種の名犬タイヴァートン・インヴェイダーが主演する映画で、ジェームズ・ストリートの物語をスチュアート・アンソニーリリー・ヘイワードが脚色し、最近「東京ジョー」を監督したスチュアート・ハイスラーが監督に当り、「空の要塞」のレオ・トーヴァーが撮影した1940年作品。助演は少年俳優ビリー・リー、「ターザンの黄金」のコーデル・ヒックマン等である。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ロニー少年はジョージア州の猟犬牧場に住んでいた。父のマクニールは牧場の管理人ですぐれた猟犬の調練士なので、ロニーも自分の犬を持つことが年来の希望である。父はロニーが12になるまではと許さなかったが、この牧場を買ったエイムズ氏はロニーの望みを聞くと、産まれたばかりの小犬を1匹与えた。ロニーは生れ損いのようなヘボ犬をプロミスと名付けて、親友の黒人少年テクストと力を協せて調練する。或夜プロミスは鶏小屋を荒した所を見付けられ、マクニールに追放されてしまった。今や愛犬なしでは居られぬロニーは、ようやく見つけ出したプロミスを、秘かにテクストの所で飼いつつ調練した。一方父は自慢の猟犬ジョージアの調練に懸命だった。エイムズ氏が馬の牧場に切替えたい意向なのを翻すため、猟犬競技会でジョージアを優勝させるつもりである。ロニーもプロミスを競技会で優勝させ、良犬であることを証明する決心だった。競技会の日、計らずもジョージアとプロミスの優勝争いとなったが、この会を賭しての父の悲願を知ったロニーは、プロミスをののしり場外へ追い出してしまう。ジョージアは優勝したが、父はプロミスの立派さや、ロニーの愛情に深く心を打たれた。その夜プロミスが誤って射殺されたのを悲しむロニーに、新しく生れたプロミスの仔犬が贈られた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Biscuit Eater
製作年 1940年
製作国 アメリカ
配給 セントラル
上映時間 83
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 僕の愛犬