映画-Movie Walker > 作品を探す > 暴力教室(1955)

エヴァン・ハンターの小説「ブラックボード・ジャングル」を「雨の朝巴里に死す」のリチャード・ブルックスが脚色、監督し「果てしなき蒼空」のラッセル・ハーランが撮影を担当した。編曲はチャールズ・ウォルコットで「ロック・アラウンド・ザ・クロック」が主題曲となっている。主なる出演者は「欲望の谷」のグレン・フォード、「愛欲と戦場」のアン・フランシス、「第八ジェット戦闘機隊」のルイス・カルハーン、テレビスターのマギー・ヘイス、新人ヴィック・モローなど。1955年作品。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

身重の妻をかかえて不良少年の多い下町の職業指導学校の教師となったダディエー(グレン・フォード)は先輩教師ジム(ルイス・カルハーン)に「ここは残飯入れなんだ」という言葉をきかされて教室に出たが少年たちは果たして手のつけられない程の無軌道ぶりであった。ダディエーは組のリーダー格の1人、黒人生徒のミラーを味方にして他の連中を矯正しようと考えた同じ日に新任教師となった美貌の女教師ルイス・ハモンド(マギー・ヘイス)は教室で生徒たちの揶揄にあい、教壇に立ち往生をしてしまう始末。しかも授業を終わって教室の外に出た彼女は1人の生徒に襲われ危いところをダディエーに救われた。ダディエーはその生徒を感化院に送ったので少年たちの彼に対する反感はますますつのった。ある夜街を歩いていたダディエーと同僚の数学教師エドワーズは突然少年たちに襲われて傷を負わされた。ダディエーの妻アン(アン・フランシス)は彼に学校を止めてくれと頼んだが彼は耳もかさず次の日も登校した。生徒たちのいやがらせはますますつのり遂にはダディエーがハモンドと関係があるという投書がアンのもとに来た。驚いたアンは早産をしてしまった。絶望の揚句改めて先輩ジムの言葉を思い出したダディエーは病院に妻を見舞ったが全快したアンの助言に励まされ再び学校に戻ることにした。教室に彼を待っていたのはもう1人のリーダー格の生徒、アーティ・ウェスト(ヴィック・モロー)の挑戦であった。ダディエーの前で平然とカンニングをするウェストに注意を与えたことから興奮したウェストはナイフ片手にダディエーに迫ったが、ダディエーの気迫にうたれ屈服した。最初の勝利を得たダディエーはようやく己のやり方に自信をもつことが出来たのであった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 Blackboard Jungle
製作年 1955年
製作国 アメリカ
配給 MGM映画会社
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 暴力教室(1955)

ムービーウォーカー 上へ戻る