映画-Movie Walker > 作品を探す > ボーイハント(1984)

フロリダの海岸で、夏休みを過ごそうと東部からやって来た4人の女子大生それぞれのラヴ・ストーリーを描く。61年作「ボーイハント(1961)」の現代版で、ハード・ロックが全編に流れ、60年作の主題歌も今風にアレンジして演奏されている。製作はアラン・カー。エグゼクティヴ・プロデューサーはテリー・ドネリージェフ・アップル。監督は「空かける強盗団」(69)のハイ・アヴァーバック。脚本はステュー・クリーガージェフ・バークハートが執筆。撮影はジェームズ・A・コントナー、音楽はシルヴェスター・リヴェイが担当。出演はリサ・ハートマン、リン=ホリー・ジョンソン、ローナ・ラフトウェンディ・シャールなど。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は菊地浩司。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1984年作品。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東部のペンモア・カレッジに学ぶ4人の女子大生--ジェニー(リサ・ハートマン)、ローリー(リン=ホール・ジョンソン)、キャロル(ローナ・ラフト)、サンドラ(ウェンディ・シャール)は、フロリダ州フォート・ローダーデールの海岸で夏休みを過ごそうと自動車を走らせる。途中でヒッチハイク中の青年スコットを乗せて、フォート・ローダーデールに到着。4人は安モテルに落ちつき、早速海辺へ出た。全米から若い男女がつめかけていた。その夜、サンドラはいとこのピアニスト、カムデンに会うため、3人をつれてディスコに行く。カムデンはピアノのことしか頭にないという性格で、母親バーバラはやきもきしていた。サンドラから彼のことを聞かされ、あこがれていたジェニーは、カムデンに接近。このディスコで働いていたスコットは、この光景を見ていらだつ。彼はジェニーに恋心を抱いていたからだ。サンドラは酔っ払い運転で、同乗していたローリーと一緒にブタ箱入り。保釈金を工面するため、キャロルはダンス・コンテストに出場し2二等になる。そのコンテスト会場にキャロルの恋人チップがいて喧嘩になった。コンテストの賞金ではローリーを出すのが精一杯。しかし、サンドラは警官のアーニーのおかげでブタ箱を出ることができた。翌日、カムデンの邸でパーティーが開かれ、サンドラはアーニーと一緒にやって来た。パーティが佳境に入った頃、スコットが大勢の若者をひきつれて乱入。ジェニー恋しさの余りの行動だったが、かえってジェニーとカムデンは仲良くなっていた。その夜、サンドラはアーニーの家を尋ね、彼が妻子持ちで家族を捨てることはできないと告げられた。カムデンのピアノ・コンサートが開かれた。カムデンはジェニーへの愛をうたった「ジェニー」という曲を演奏する、と、突然、ステージのはしでスコットがキーボードで「ジェニー」をロック調で歌う。スコットがジェニーの心をとらえた。カムデンにローリーが近付いて行く。キャロルもチップとよりをもどした。翌日、4人はそれぞれの思い出を胸にペンモア・カレッジに引き帰していく。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Where the Boys Are
製作年 1984年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア映画
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ボーイハント(1984)