TOP > 上映中の映画作品を探す > 奔流天に騰る

1923年度のピュリツァ賞を得たハッチャー・ヒューズ氏の戯曲を映画化したもので、ヴィイタグラフ誌がウォーナァ・ブラザース社に併合されると共に制作者として入社したジュー・スチュアート・ブラックトン氏が第1作品として監督製作した。因みに脚色はブラックトン氏令妹マリアン・コンスタンス・ブラックトン女史が擔任した。主役は「娘は踊る」「陽気な巴里っ子」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢で對手役は「知略三段返し」「白牙に衂りて」等出演のジョン・ハロン氏「白牙に衂りて」「男は度胸」等出演のゲイン・ホィットマン氏及び「夢の街」等出演のガードナー・ジェームズ氏が演じ、エヴェリン・セルビージェームズ・マーカス氏等が助演している。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

世界戦役が終わってシッド・ハントは故郷のカロライナの山奥に帰って来た。彼の勇ましい手柄話を人々は喜んで聞いたがハント家の召使ルーフは若主人を羨ましく嫉ましく思わないではいなかった。何故ならシッドの恋人ジュード・ロウリーにルーフ自身も激しい恋慕の炎を燃やしていたから。彼は思案の揚句ハント家とロウリー家とを仲違いさせる事を決意し、ジュードの兄アンディーにある事ない事言葉巧みに告げてシッドに對して敵意を抱かしめた。遂にある日酒の醉に分別を失したアンディーは銃を執って親友たりしシッドを狙撃せんとした。シッドの馬のみが戻って来た時シッドの父と祖父とは直ちに銃を片手に飛び出しアンディーを捕まえて来た。彼は地下室に縛せられルーフが張番をした。ルーフがアンディーを殺さんとする所に父と祖父とに助けられて帰ったシッドが遮り止めた。ルーフは虚構を以てシッドを工事未完成の堰の方に赴かしめ自ら間道を驅けて爆薬を仕掛けた。シッドが行き着いた頃堰は破壊され洪水が起こった。ルーフはシッドの死を信じた。洪水はしだいに村を襲いアンディーは地下室に溺れかかった。シッドが無事に戻って来たのを見て驚いたルーフは欺いてシッドをも地下室に閉じ込めたが、ジュードが溺死せんとするのを見てシッドをして救いはじめた。そして悪運盡きたルーフは自ら溺れ死んだ。かくて総ての誤解は去り平和と幸運が両家に帰った。シッドとジュードとの結婚の日も近いであろう。

作品データ

原題 Hell Bent For Heaven
製作年 1926年
製作国 アメリカ
配給 イリス映画
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 奔流天に騰る