TOP > 映画作品を探す > 放浪の王子(1962)

マーク・トウェインの「王子と乞食」をジャック・ウィッティンガムが脚色、ドン・チャフィーが演出した児童冒険ドラマ。撮影はポール・ビースン、音楽はトリストラム・ケリーが担当した。製作はウォルト・ディズニー。出演は「青きドナウ」のショーン・スカリーの2役、「快傑ゾロ(1958)」のガイ・ウィリアムス。ほかにローレンス・ネイスミス、ドナルド・ヒューストンなど。

3/5
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1537年のある日、時を同じく瓜二つの男の子エドワード王子(ショーン・スカリー)と乞食の子トム(ショーン・スカリー2役)が誕生した。13年たった。ある日、トムは国民に敬愛される王子の姿を見ようと、宮殿に出かけた。覗き見していたトムは歩哨につかまったが、王子に助けられた。2人は自分達が瓜二つなのを幸い、好奇心から身分をかえてみることにした。乞食姿の王子は初めてみる街にすっかり喜んでいたが、やがてトムの父ジョンに捕まってしまった。隙をみて逃げた王子は、正装したトムの王子が市民の歓呼をうけているのを見て、自分こそ本当の王子だと名乗ったが、嘲笑されるだけだった。そしてヘンドン(ガイ・ウィリアムス)という剣士に助けられた。彼だけは乞食の王子に何か不思議な興味を覚え、自分の宿に連れ帰った。翌朝、目覚めた王子が留守にしたヘンドンを探しに宿を飛び出したところ、ジョンに捕まり盗賊の隠れ家に連行された。そこでも王子を名乗り、嘲い者にされた。王子を探していたヘンドンがやって来て、盗賊を追い払いその場を逃げた。途中、国王の死を口伝えに知った。そして載冠式の当日。忍び込んだ乞食の王子は、自分こそ本当の王子であると言った。トムも自分の身分を告白したので式場は大騒ぎ。証拠も揃い、無事王子は王に即位した。ヘンドンは貴族に任じられ、トムも王の側近に任じられた。

作品データ

原題 The Prince and the Pauper
製作年 1962年
製作国 アメリカ
配給 ウォルト・ディズニーKK
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

懐かしい、永遠の瞳

投稿者:R8llYKJaXR4a5fV

(投稿日:2020/3/8)

青きドナウのショーンにはもう会えない! 放浪の王子のショー…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 放浪の王子(1962)