プリンス サイン・オブ・ザ・タイムズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

プリンス サイン・オブ・ザ・タイムズ

1989年2月25日公開,84分
  • 上映館を探す

独自の音楽性とカリスマ性でロック界をリードするプリンスが、87年の2枚組アルバム『サイン・オブ・ザ・タイムズ』のリリースにあわせて行ったヨーロッパ・ツアーを中心に撮影されたライヴ・フィルム。プリンスにとっては「パープル・レイン」「プリンス アンダー・ザ・チェリー・ムーン」に続く3作目の劇場映画で、自ら監督にあたっている。撮影されたライヴはロッテルダムとアントワープのもので、さらにミネソタにあるプリンスのペイズリーパーク・スチューディオにおける映像がつけ加えられ、ポップで演劇的な要素を持ったプリンスのパフォーマンスが余すところなくとらえられている。製作はロバート・キャヴァロとジョセフ・ルファローとスティーヴン・フラグノリ。撮影はピーター・シンクレアとジェリー・ワトソンが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

※コンサート映画のためストーリーは割愛します。

作品データ

原題
Sign o' the Times
製作年
1988年
製作国
アメリカ
配給
松竹富士
上映時間
84分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?