TOP > 上映中の映画作品を探す > ブラザー・フロム・アナザー・プラネット

ある惑星の奴隷狩りから逃れ、地球にやってきた異星人<ブラザー>の、地球人との交流を描くSF。製作はペギー・ラジュスキーとマギー・レンジ。監督・脚本・編集は「セコーカス・セブン」のジョン・セイルズ。撮影はアーネスト・ディッカーソン、音楽はメイソン・ダーリング、美術はスティーブン・J・ラインウィーヴァーが担当。出演はジョー・モートン、ダリル・エドワーズほか。日本版字幕は菊地浩司。カラー、ビスタサイズ。1984年作品。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ニューヨークのかつての移民の窓口、エリス島に黒人の異星人(ジョー・モートン)が不時着する。やがて彼はハーレムの125番街に迷い込み、宿無しの妙な黒人という体で住み着いて、<ブラザー>と呼ばれるようになる。彼は人間の言葉をしゃべることはできないが、手のひらを当てるだけで傷をなおしたり、機械を修理することができる。<ブラザー>は酒場で知り合った男の世話で黒人の夫が蒸発しハーフの息子と暮す白人女性ランディ(キャロライン・アーロン)のアパートに身を寄せゲーム・マシンを修理する仕事を得て暮らすようになる。ある日、奇妙な2人組の白人(ジョン・セイルズ)(デイヴィッド・ストラーサン)が現われた。<ブラザー>は実は逃亡奴隷で、2人組は異星から彼をつかまえにきた賞金稼ぎの奴隷ハンターなのだ。彼らは奇妙な歩行や身振りで、<ブラザー>の周辺をかぎまわり、地元の人々を驚かせる。その地元の人々ーいつも酒場にたむろしているフライ(ダリル・エドワーズ)、スモーキー(レナード・ジャクソン)、ウォルター(ビル・コッブス)、酒場のマスター、オデル(スティーヴ・ジェイムス)、そしてランディらは日がたつに従って次第に<ブラザー>と親しくなっていく。<ブラザー>は奴隷ハンターから逃れながら、近所の子供たちにヘロインを射っているワル者を追跡しているぅちに、クラブ歌手マルヴァン(ディ・ディ・ブリッジウォーター)のポスターに惹かれ、彼女のコンサートを聴きにいった。そして初めて愛を感じ、ベッドを共にする。逃亡奴隷である<ブラザー>は自由を勝ち取る決心をし、まずハーレムの人たちを奴隷化している麻薬売人に復讐する。だが<ブラザー>も奴隷ハンターに追跡され、追いつめられる。そのとき、壁に書かれた仲間のサインを見つけ手を切った血でそこに何やら書き加える。すると数人の黒人が駆けつけ、<ブラザー>を救う。壁ぎわに追いつめられた奴隷ハンターたちは自爆してしまう。<ブラザー>を助けた黒人たちは、実は彼と同じように異星からの逃亡奴隷だったのだ。(ユーロスペース配給*1時間50分)

作品データ

原題 The Brother From Another Planet
製作年 1984年
製作国 アメリカ
配給 ユーロスペース
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ブラザー・フロム・アナザー・プラネット