映画-Movie Walker > 作品を探す > 二人の青春

1938年の「ハーディ判事の子供等」を第一作とするアンディ・ハーディ・シリーズの1941年度の一作でオーラニア・ルーヴェロル原作の登場人物をかりて、多くのハーディ物を書いているアグネス・クリスティン・ジョンストンが脚本を書きおろし、ハーディ物監督として認められた故ジョージ・B・サイツが監督し「ブロードウェイ(1941)」のレスター・ホワイトが撮影したもの、出演者は「青春一座」「ブロードウェイ」のミッキー・ルーニー及びジュディ・ガーランド、その他ハーディ物の父母伯爵、愛人を持役とするルイス・ストーンフェイ・ホールデンセーラ・ヘイドンアン・ルザーフォードに新人パトリシア・デーン等の顔ぶれである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

カーヴェルの町で、ハイスクールを卒業したアンディ・ハーディは、カレッジへ進学すべきか実生活に入るべきか、迷った末、後者を選んでニューヨークへ赴いた。それはカーヴェルにいる伯母を尋ねてきたベッシー・プースに、多分に影響された結果で、彼女がニューヨークへ帰る時に同行したのである。アンディは美人の女秘書ジェニット・ヒックスに夢中になった。彼女は最初彼を軽蔑していたが、その正直さにほだされ、彼を就職させてやったのである。しかしハイスクールを出たばかりの少年には大都会の荒波はあまりにも激しく、パンを買う小銭がないということも珍しくないくらいである。ところが、同じような境遇のジミー・フロビッシャーが職を得た喜びに心臓マヒで急死したのを見て、すっかり憂うつになってしまった。おまけに、アンディとジェニットの仲を嫉妬したベッシーが調べたこと--ジェニーは結婚し離婚したという事実--の報告は、アンディを全然幻滅させてしまった。彼は判事である父の歩んだ道を踏もうと決心し、法科に入学しようと故郷カーヴェルへ帰ったのである。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Life Begins for Andy Hardy
製作年 1941年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 二人の青春