映画-Movie Walker > 作品を探す > 不意打ち

ルーサー・デイヴィスのシナリオを、TV演出家のウォルター・グローマンが演出したアクション・スリラー。撮影は「白昼の決闘」のリー・ガームス、音楽はポール・グラスが担当した。製作はルーサー・デイヴィス。出演は「遥かなる我が子」のオリヴィア・デ・ハヴィランド、TV「ドクター・キルデア」のジェームズ・カーンウィリアム・スワン、TV「アンタッチャブル」のジェフ・コーリーなどテレビスターたち。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ヒルヤード夫人(オリビア・D・ハビランド)は息子マルカム(ウィリアム・スワン)と、附近の品の悪さと対照的な大邸宅で世間と交渉を絶って暮らしていた。ある夏の日、マルカムはいつものように置き手紙をして出かけた。夫人は彼の出かけた後でそれを読むのを楽しみにしていた。だがその日の手紙は遺書だった。読み忘れて、2階に行くエレベーターに乗った。夫人は腰を痛めていたため、階段を使用できなかったのだ。エレベーターは3mほど昇って突然止まった。非常ベルを鳴らしたが、誰も来てくれない。そのうちにアル中の浮浪者(ジェフ・コーリー)が気づき、ドアを破って入ってきたが、夫人を助けようとはせず、高価なトースターを持って逃げた。浮浪者はトースターを金にかえ、それを目撃していた3人の愚連隊、ランドール、エレーン、エシーらにつけられているとは知らず、淫売のセードを訪ね、また邸に行った。尾行した愚連隊たちは、浮浪者を撲り、金目のものを運びはじめた。助けを求める夫人には目もくれない。愚連隊たちは犯行を隠すために、夫人、セード、浮浪者を殺すことにした。マルカムの置いていった手紙を発見したランドールは、それを読んで聞かせた。夫人は半狂乱になり、愚連隊たちのスキをみて、ランドールが持って来たハシゴを利用して脱出に成功した。気づいたランドールたちは夫人にリンチを加えた。夫人も無我夢中で抵抗し、ランドールの目を、金具で撲り潰してしまった。ランドールは目の痛さに耐えきれず、表の通りに助けを求めて出て行き、車にひかれて死んだ。そこへかけつけたパトカーの警官が、残りの2人も逮捕した。そのとき、皮肉にもエレベーターは動きだしたが、電源の接触が良かったならこんな惨劇は起こり得なかったのに……。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 Lady in a Cage
製作年 1964年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 不意打ち