フィールド・オブ・ドリームス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フィールド・オブ・ドリームス

1990年3月3日公開,107分
  • 上映館を探す

夢を求めて生きるある男と彼をめぐる人々の姿を、野球をべースにして描くドラマ。W・P・キンセラの原作『シューレス・ジョー』の映画化で、エグゼクティヴ・プロデューサーはブライアン・フランキッシゅ、製作はローレンス・ゴードンとチャールズ・ゴードン、監督・脚本は「ウー・ウー・キッド」のフィル・アルデン・ロビンソン、撮影はジョン・リンドレイ、音楽はジェームズ・ホーナーが担当。出演はケヴィン・コスナー、エイミー・マディガンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある春の夕暮れ、アイオワ州のとうもろこし畑で働いていたレイ・キンセラ(ケヴィン・コスナー)は、突然「それを建てれば彼がくる」という幻の声を聞き、畑をつぶして野球場を建てる決心をする。妻のアニー(エイミー・マディガン)は夫の思いを遂げさせようとレイを温かく見守るが、町の人々の反応は冷やかだった。1年が過ぎたある日、娘のカリン(ギャビィー・ホフマン)が野球場に19年のワールド・シリーズで八百長試合のかどで球界を追放されたシューレス・ジョー(レイ・リオッタ)が現われるのを発見する。その日を境に、シューレス・ジョーとともに球界を追放されたシカゴ・ホワイトソックスの8人のメンバーが次々と姿を現わした。その時レイはまたしても「彼の苦痛を癒せ」という幻の声を聞き、彼は60年代の作家テレンス・マン(ジェームズ・アール・ジョーンズ)を訪ねてシカゴヘ向かう。そしてフェンウェイ・パークで野球を観戦中、レイとマンは電光掲示板に映ったメッセージを読みとり、今度はムーンライト・グラハムという野球選手を探すことになった。2人はミネソタ州チゾムに彼を訪ねるが、すでにグラハムは亡く、その夜レイはなぜか60年代のムーンライト・グラハム(バート・ランカスター)と出会った。しかしその頃アイオワでは、レイの野球場が人手に渡る危機を迎えようとしていた。アニーからそれを聞いたレイは、マンとともに帰途につくが、道中ひとりの若き野球選手(フランク・ウェイリー)を車に乗せる。実は彼こそが若き日のグラハム、その人であった。アイオワに戻ったレイは、野球場売却を勧めるアニーの兄マーク(ティモシー・バスフィールド)と口論するが、その最中カリンがケガをする。そんなカリンを助けたのが、ドク“ムーンライト”グラハムであった。そしてその時初めて、マークにもこの土地の持つ夢の大きさを知り、売却を撤回した。そしてその夢は、限りない未来への希望で包まれてゆく--。

作品データ

原題
Field of Dreams
製作年
1989年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
107分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.2
  • モッピー

    5
    2020/4/18

    「それを建てれば彼はくる」何処からともなく聞こえてくる・・・
    その謎の声に導かれてトウモロコシ畑を潰して野球場を作ったケビンコスナー演じるレイキンセラ、その野球場に現れたのは八百長試合で球界を追われ汚名と共に世間から忘れ去られたシューレスジョーとホワイトソックスの8人。
    「彼の苦痛を癒せ」またもや聞こえてくる謎の声・・・
    誰の声か?何の目的か?訳も分からず家族と周りの人々を巻き込んでクエストをクリアしていくレイが辿り着いたゴール、謎解きの答えはトウモロコシ畑を潰した球場にありました。
    ラストは自分自身の父親との思い出ともシンクロして不覚にも人目もはばからず嗚咽号泣状態で一緒に鑑賞でしてた彼女がドン引きしてたけど・・・(〃ノωノ)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • S

    3
    2015/2/8



    夢を追う主人公と
    それを支える家族と
    カントリー風の
    アメリカンドリーム映画

    主人公のひたむきな
    夢を追い続ける姿勢と
    行く先々で起こる
    不思議な出来事に
    何か考えさせられる作品

    見る人によって
    感じ方が変わる映画なのでは…

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • パライバ

    4
    2011/5/21

    アメリカの大平原のトウモロコシ畑の中でストーリーが淡々と進む。でも何故か眠くならない。
    主人公にのみ聞こえる声「それを建てれば彼がくる」。

    ここは夢の中?天国?
    ここはアイオワ。

    すべては自らの心の中に。
    主人公は父に許しを乞いたいけれど最早叶わない。
    野球はその象徴。

    主人公の家族にしか見えなかったフィールドの中の選手たちをテレンス・マンは見る。
    そして他の人も続いていく。

    クライマックス。
    「彼」が現れる。

    野球が好きでも嫌いでもこの映画を見てほしい。

    味のあるお医者さん、見終えて調べたらバート・ランカスターだった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告