映画-Movie Walker > 作品を探す > ピンク・パンサー2(1975)

「ピンクの豹」「暗闇でドッキリ」に続く『クルーゾー警部』シリーズ第3作目。製作・監督は「パーティ」のブレイク・エドワーズ、脚本はフランク・ウォルドマンとエドワーズの共同、撮影はジョフリー・アンスワース、音楽はヘンリー・マンシーニ、タイトル・アニメはリチャード・ウィリアムスが各々担当。出演はピーター・セラーズクリストファー・プラマーカトリーヌ・シェルハーバート・ロム、バート・ウォーク、ピーター・アーンなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。デラックスカラー、パナビジョン。1975年作品。

4/5
総評価数 10
レビュー 0
投票 10
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (4)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (5)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ここは中近東のルガシュ国立博物館。世界一大きい有名なダイヤモンド『ピンク・パンサー』があることで有名だった。当然のことながら防犯設備も最高で『ピンク・パンサー』を盗み出すことは不可能だった。ところがその夜、1個の黒い影が博物館に忍び込み、ケーブルとクロスボーを使って、あっというまに『P・P』をわし掴みにすると、Pの金文字を刺繍した白い手袋を残し、警備陣の虚をついていずこともなく去っていった。一夜明けて、事の顛末を知ったルガシュの国家要人ワダフィ将軍、国家情報局のシャーキ大佐(ピーター・アーン)が話し合った末、フランスの誇る名探偵ジャック・クルーゾー警部(ピーター・セラーズ)を呼ぶことになった。その頃、しがないパトロール警官に降等していたクルーゾーは銀行強盗を見破れず、上司ドレフュス署長(ハーバート・ロム)に馘をいい渡されていた。ルガシュの話が入ってきたのはそのときだった。クルーゾーがアパートに帰ると、空手の名手で召使のケイトー(バート・ウォーク)が襲いかかり、部屋の中はメチャクチャだ。そこへダイナマイトが投げ入れられた。誰かがクルーゾーの命を狙っている! 負傷したケイトーを残して、クルーゾーはルガシュへ乗り込んだ。ズッコケながらも現場検証を終わったクルーゾーは、かつてヨーロッパ全域を荒らし回り今は引退した怪盗ファントムことチャールズ・リットン卿(C・プラマー)を犯人と断定、ニースのリットン邸へとんだ。電話職人に化けたクルーゾーがリットン邸に行くと、盗難手口に不審を抱いたリットンが真相を解明すべくルガシュに飛んでおり、応対に出たのは美貌の妻クローディーヌ(カトリーヌ・シェル)だった。クルーゾーの正体を見破ったクローディーヌは、まんまと彼を罠にはめ、スイス・アルプスの保養地グシュタートへ向かった。クルーゾーも彼女を尾行し、グシュタートへ。一方、ルガシュでのリットン卿は小悪党ペピを脅かして暗黒街の大立者デブに近づいた。デブはリットン卿を宝石泥棒と思い込んでいて分け前にあずかろうとしており、大乱闘が始まった。難を逃れたリットン卿にシャーキ大佐が接触、彼はウソ発見器にかけられることになった。観光客の見物フィルムが写され、リットン卿の視覚に帽子の男が入った瞬間、針が大きく揺れた。さて、こちらグシュタートのパレス・ホテルでは、珍無類の七変化でクローディーヌに迫るクルーゾー。ついにはP・Pを捜すために強力吸取機を持ち出して、彼女の部屋をメチャクチャにする有様。そこへリットン卿がルガシュから戻ってきた。その後にシャーキ大佐が続いた。P・Pを盗み出したのはクローディーヌだった。リットン卿がクローディーヌからP・Pを受け取ると、そこにピストルを持ったシャーキ大佐が現われた。(ユナイト映画配給1時間52分)

見たい映画に
登録した人
9

作品データ

原題 The Return of the Pink Panther
製作年 1975年
製作国 アメリカ
配給 ユナイト映画
上映時間 112
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ピンク・パンサー2(1975)