映画-Movie Walker > 作品を探す > ビバリーヒルズを乗っ取れ!

ビヴァリーヒルズを舞台に現金強奪犯グループと戦うプロ・フットボール選手の姿を描くアクション映画。監督は「スーパーマン4 最強の敵」のシドニー・J・フューリー、製作はグラハム・ヘンダーソン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「ディア・ハンター」のバリー・スパイキングスと「ハムレット」のリック・フィンケルスタイン、脚本は「ジャグラー ニューヨーク25時」のリック・ナトキンデイヴィッド・フラーデイヴィッド・J・バーク、撮影は「シュワルツェネッガー プレデター」のフランク・ジョンソン、音楽はヤン・ハマーが担当。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

あるクラブでホームレス救済の催しが開かれていた。そこへ地元のプロ・フットボールのスタープレーヤー、ブーマー・ヘイズ(ケン・ウォール)がやって来て主催者の美人女性ローラ・セージ(ハーレイ・ジェーン・コザック)に恋をする。その頃、猛スピードで疾駆するタンクローリーが街の中心で横転し、タンクから猛毒のフッ素が流れだしたと連絡が入った。そして警官の格好をした一団が現れて、避難命令を発し、街から市民を一掃した。彼等は誰もいなくなった家に次々と入り高価な宝石などを強奪していった。ヘイズと地元警官のエド・ケルヴィン(マット・フリューワー)は一団との戦闘を開始すると、ヘイズのチームのオーナーのロバート・バット・マスターソン(ロバート・ダヴィ)が裏で一団を操っているのを突き止めるが、ローラが人質となってしまう。ヘイズとケルヴィンは命賭けの戦いをマスターソンに挑み、死闘の末、ローラとビヴァリーヒルズの街を救うのであった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Taking of Beverly Hills
製作年 1991年
製作国 アメリカ
配給 東京テアトル
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ビバリーヒルズを乗っ取れ!