映画-Movie Walker > 作品を探す > ビスマルク号を撃沈せよ!

第二次大戦初期の北大西洋を部隊に、独の不沈戦艦ビスマルク号を戟沈するまでの英国海軍の苦心を描いたもの。C・S・フォレスターの同名実話小説を「誇り高き男」のエドモンド・H・ノースが脚色し、「善人は若死にする」のルイス・ギルバートが監督した。撮影はクリストファー・チャリス(英国で撮影した)。出演は「39階段」のケネス・モア、「大戦争」のダナ・ウィンターのほか、カール・モーナー、ローレンス・ネイスミスら。製作ジョン・ブラボーン

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1941年の春、ドイツ海軍は猛威をふるい、地中海、欧州本土沿岸の制海権を手中にし、イギリス海軍の海上輸送路を各所で封鎖した。その頃、シェパード大佐(ケネス・モア)は海軍省の作戦部長に着任した。部員の1人で美しい女性アン(ダナ・ウィンター)は彼の威厳さのかげに、悲しい過去を察知した。彼は愛妻を空襲で失い、乗組んでいた艦を沈められた。1人息子のトムは空母アーク・ロイヤルの機上射手をしていた。作戦部にビスマルク出動の情報が入った。排水量4万2000トン、速力25ノット、15インチ砲8門を装備した快速戦艦を捕捉することは容易でなかった。が、これを撃滅しないとイギリス海軍の死命にかかわる。作戦部は北大西洋艦隊にビスマルク迎撃を命じた。悪天候をついて戦艦フッドとプリンス・オブ・ウェルズが捕捉したものの、フッドは轟沈、ウェルズも損害をうけて敗走した。シェパード大佐をはじめ、作戦部は意気消沈。首相チャーチルは万難を排してビスマルクを撃沈せよと命じた。シェパードは他の作戦を総て犠牲にして、空母アーク・ロイヤルをはじめとする主力艦を投入した。巡洋艦がビスマルクを見失ったため、アーク・ロイヤルから索敵機が発進した。間もなく、シェパードの所にトムの塔乗機が行方不明の報せが入った。が、戦艦キング・ジョージ5世とロドニーがビスマルクを捕らえた。燃料不足のビスマルクはフランスの独軍港に急いでいた。なんとかして敵の制海空権下に入らないうちにと、シェパードは艦載機の攻撃を命じた。魚雷攻撃は成功し、ビスマルクの速力は10ノットに落ちた。すかさずジョージ五世の一斉射撃、駆逐艦の雷撃が開始され、さしもの不沈艦ビスマルクも、その巨体を大西洋の底に沈めた。トム生存の報が入り、シェパードの喜びは大きかった。5日ぶりの外の空気はうまかった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Sink the Bismarck!
製作年 1960年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

Cap._Shepard ケネス・モア
Anne_Davis ダナ・ウィンター
Cap._Lindemann カール・メーナー
First_Sea_Lord ローレンス・ナイスミス
A._C._N._S. ジョフリー・キーン
Admiral_Lutjens カレル・ステパネック
Command-in-Chieh_King_George_V マイケル・ホーダーン
Commander_Richards モーリス・デナム
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ビスマルク号を撃沈せよ!