昼下がりの決斗|MOVIE WALKER PRESS
MENU

昼下がりの決斗

1962年7月14日公開,0分
  • 上映館を探す

「街中の拳銃に狙われる男」のN・B・ストーン・ジュニアと「荒野のガンマン」のサム・ペキンパーが共同で脚本を執筆、サム・ペキンパーが演出した西部劇。撮影は「赤い崖」のルシエン・バラード、音楽は「真夜中」のジョージ・バスマンが担当。出演者は、「西部の魂」「賞金を追う男」のランドルフ・スコット、「皆殺し砦」のジョエル・マクリーのほかマリエット・ハートリー、ロナルド・スターなど。リチャード・E・ライオンズ製作。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

スティーブ・ジャッド(ジョエル・マクリー)は、かつて名保安官として鳴らした男だったが、今では西部の人々からも忘れ去られていた。ところが、シエラ山中のコース・ゴールドに金が発見され再び彼が脚光を浴びることになった。コース・ゴールドの人たちが、掘り当てた金を預け入れるために銀行の出張を熱望したため、その重任にふさわしい人として正義の男ジャッドが選ばれたのだ。黄金を預かっての帰りの山道はあらゆる危険が予想されるため、彼は協力者2人を雇うことにした。彼が適任者として選んだのはかつてUSマーシャルとして音に聞こえたガンマンのジル・ウェストラム(ランドルフ・スコット)と、ウェストラムの推薦になるヘック・ロングツリー(ロナルド・スター)である。だがジャットが信用しているウェストラムは、実は1日10ドルの日当より莫大な黄金がめあてだった。山への途中、3人はある小さな牧場で一夜をあかしたが、そこの娘エルサ(マリエッド・ハートレイ)は、山に住むハモンド5人兄弟の1人ビリーに熱をあげ、3人が山へ行くのを知ると家を飛び出し同行した。一目でエルサにひかれたヘックは、何かと彼女につくすのだった。ヘックに送られて、エルサはビリーのもとへやって来たが、ビリーとの生活は彼女が夢見ていたものとはまるで違っていた。ビリーばかりか、兄弟が寄ってたかってエルサをからかうのだ。そんな様子にたまりかねたヘックは、彼女を兄弟から救い出した。このことで一行は兄弟の恨みを買うことになった。金引き取りの仕事を済ませたジャッド一行は、帰路に着いたが、ある夜、ウェストラムはヘックを誘って黄金を盗み出そうとした。だが、ジャッドに気づかれ武器をとり上げられた。そんな時、ハモンド兄弟が仕返しに来た。ジャッドはやむなくヘックに武器を与え応戦した。兄弟は殺された1人を置き去りにしたまま引きあげたが、その最中ウェストラムは秘かに一行から離れて行った。翌日、一行がエルサの牧場に着くと、すでにハモンド兄弟が占居していた。不意に銃弾を浴びせる兄弟の前に一行は手も足も出なかった。そこへウェストラムが駆けつけ応戦した。が、時すでに遅くジャッドは黄金の護送を頼んで息を引き取った。ウェストラムは友の最後の言葉を遂行しようと決心した。一方、ヘックとエルサは結ばれ、幸福な生活へと踏み出すのだった。

作品データ

原題
Gun in the Afternoon
製作年
1962年
製作国
アメリカ
配給
MGM
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.1
  • みるみる

    3
    2019/4/11

    見たかったの。
    ウエスタンブーツも好きなのでボロボロの穴の開いたそれはなんか良かった。
    西部劇独特の効果音や拳銃とライフルの甲高い銃声音、お決まりの展開とか馬や景色は見てて安心。ラストにスティーブ・ジャッドが死んでしまうとは思わなかったのであれま、という感じでした。
    めでたしめでたしってわけでは無い気もしますが楽しめた。
    酔っ払い判事の結婚式での言葉。案外良い事言ってるなと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告