映画-Movie Walker > 作品を探す > ひとりぼっちの青春

不況時代のハリウッドを舞台にマラソン・ダンスに、人生の“孤独”と“狂気”と“退廃”を賭けた人間達を描く。製作は「汚れた7人」のコンビ、アーウィン・ウィンクラーロバート・チャートフ、監督は「大反撃」のシドニー・ポラックホレース・マッコイの小説「彼等は廃馬を撃つ」をジェームズ・ポーロバート・E・トンプソンが共同脚色、撮影は「殺しの分け前 ポイント・ブランク」のフィリップ・ラスロップ、音楽は「オリバー!」のジョニー・グリーン。出演は「世にも怪奇な物語」のジェーン・フォンダ、「猫」のマイケル・サラザン、「甘い抱擁」のスザンナ・ヨーク、「太陽の爪あと」のギグ・ヤング、「駅馬車(1965)」のレッド・バトンズ、「さすらいの大空」のボニー・ベデリアなど。メトロカラー、パナビジョン。1970年作品。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1932年、アメリカ不況時代のハリウッドは失業者の群れでいっぱいだった。その中の1人、ロバート(マイケル・サラザン)はある通りのマラソン・ダンス場に流れこむ。マラソン・ダンスとは1時間50分踊って、10分休憩し、昼夜ぶっ通しで踊り続け、最後に残った者に賞金が与えられるものであった。プロモーターはロッキー(ギグ・ヤング)で参加者を募っていた。参加者は船乗り(レッド・バトンズ)やアリス(スザンナ・ヨーク)、身重な女ルビー(ボニー・ベデリア)、グロリア(ジェーン・フォンダ)たちであった。グロリアは連れが病気で困っていたが、ロッキーがロバートと組ませて、ダンスは始められた。グロリアとロバートは踊り続けるうちに次第に心安くなっていた。ダンスは数日間続けられ、脱落者も増えていったが、興奮は高まっていった。見物人を楽しませるための「ダービーレース」が取り入れられた。それは4組のダンサー達の耐久力比べで、最後の1組が勝ち残るレースであった。ロバートとグロリアも参加したが、やがてロバートは足の筋がつって踊れなくなった。グロリアは、今までの苦労が水の泡になると言って彼を引きずって踊った。ロバートはヘトヘトになり、彼女から離れ、アリスと休んだ。グロリアは怒っていた。やがて「ダービーレース」でアリスと組んだ船乗りが心臓発作で倒れると、アリスは驚き、ヒステリーを起こした。ロバートとグロリアは和解して再び組んだ。ロッキーは2人に余興に花嫁花婿になれと勧め、余分の報酬を与えるといった。しかし2人はかつがれている事を知った。式の費用は2人持ちだったのだ。優勝しても一文にならない。グロリアは怒って出ていった。ロバートは後を追った。疲労困憊し、落胆のドン底に沈んだグロリアは彼に助けを求めた。同情した彼は彼女の望みを受け入れ、彼女の頭を拳銃で射ち抜いた。近づいた警官に、彼は子供の頃の記憶を思い出してこう言った。「廃馬は射ち殺すんでしょう?」(20世紀フォックス配給*2時間)

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

原題 They Shoot Horses, Don't They?
製作年 1970年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ひとりぼっちの青春