TOP > 映画作品を探す > 東は東

山口淑子が、日本人として戦後初の主役を演ずるアメリカ映画でジョセフ・バーンハード製作の1951年度作品。脚本は共同製作者アンソン・ボンドのストーリーを元にして、女流ライターのキャサリン・ターニーが執筆、「白昼の決闘」のキング・ヴィダーが監督に当たった。撮影は「愛と血の大地」のライオネル・リンドン、音楽はエミール・ニューマンアーサー・ランジの共同。山口淑子(シャーリー・山口)の相手役には「裸の街」のドン・テイラー。助演陣は「帰郷(1948)」のキャメロン・ミッチェル、「西部の怒り」のマリー・ウィンザー、「二世部隊」のレーン・中野、朝鮮人俳優フィリップ・アーンらが登場する。

5/5
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

朝鮮戦線で重傷を負い、日本の米軍病院に収容されたジム・スターリング中尉(ドン・テイラー)は、日本看護婦清水妙子(シャーリー・山口)と知り合い、烈しく愛し合うようになった。妙子は祖父英太郎に育てられていたので、ジムは彼に結婚を求め、許されてカリフォルニア州サリナスのジムの両親の農場へ帰ってきた。ジムの兄嫁フラン(マリー・ウィンザー)はかつて彼を想っていたので、妙子の出現に嫉妬しさまざまな冷たい仕打を行なった。妙子は近所にささやかな農場を営む長谷川四郎(レーン・中野)と親しくつき合うようになり、彼の妹エマに何くれと親切をつくしたが、それをみたフランは妙子と四郎の仲を邪推しはじめた。ジムは近くの丘に新居を作る計画をたて、更に妙子をゲイシャ・ガールと罵った米人と闘うなど、心から妻のためにつくし、やがて妙子は黒髪の男児を生んだ。ところがこの時家に手紙が舞い込み、赤ん坊は四郎の子であると中傷してあった。一家中が気まずくなりジムは両親と口論をはじめる始末に、妙子は書き置きをして家出した。モントレイの日本人農場で働き、帰国の旅費を稼ぐつもりであった。ジムは手紙の主がフランではないかと感付き、問い詰めて白状させた。一家のものはすべて妙子に対する態度に至らぬものがあったことを反省し、手分けして彼女を探しはじめた結果、ジムは彼女を見つけ出した。妙子はジムの姿をみると逃げ出し、断崖から身を投げようとしたが間一髪追い付いたジムは、固く彼女を抱きしめて家族のあやまりを詫びるのであった。

作品データ

原題 Japanese War Bride
製作年 1951年
製作国 アメリカ
配給 大映
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

Tae_Shimizu 山口淑子
Jim_Sterling ドン・テイラー
Art_Sterling キャメロン・ミッチェル
Fran_Sterling マリー・ウィンザー
Ed_Sterling ジェームズ・ベル
Harriet_Sterling Louise Lorimer
Eitaro_Shimizu フィリップ・アーン
Emily_Shafer Sybil Merritt
Shiro_Hasegawa レーン・中野
Mrs._Milly_Shafer Kathleen Mulqueen
Ted_Sterling オーリイ・リンドグレン
Woody_Blacker ジョージ・ウォレス
Emma_Hasegawa メイ・タカスギ
Mr._Hasegawa William Yokota
Tae's_Mother Susie Matsumoto
Kioto Weaver Levy
Man_at_fish_Market Jerry Fujikawa
Japanese_Servant Chieko Sato
Japanese_Servant 駒井哲
Old_Japanese_Woman Hisa Chiba
Man_at_Plant David March

レビュー

国際結婚って難しいよね?

投稿者:キネマ白道

(投稿日:2013/5/29)

「東は東」 原題 japanese war bride (日…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 東は東