TOP > 上映中の映画作品を探す > 漂浪の健児

ジェームズ・オリヴァー・カーウッド氏作の小説をジェイ・ピルチャー氏が脚色し、「鉄拳制裁」「咬み殺すまで」等と同じくデイヴィッド・スミス氏が監督したもので、主役は「ウインダミア夫人の扇」「大盗恋の目覚め」等出演のバート・ライテル氏が演じ相手女優は「鉄拳制裁」「キャプテン・ブラッド」等出演のシャーロット・メリアム嬢でスチュアート・ホームズ氏、メイベル・ジュリエンヌ・スコット嬢、ジエン・ハーロン氏等が助演している。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

フィリップ・スチールはお金持ちではあり男っぷりも良いというので社交界でも羽振りのいい青年だった。そして近頃美人の評判高いイソベル・ベッカアに他の青年たちより以上に親密になって大いに得意がっていた。ところがイソベルは茶目っ気が多く、ハドソン・ベイ会社の重役たる自分の肉親の父親を彼女の良人といって社交界に紹介した。フィリップはそれを聞いてすっかり幻滅を感じて飄然と旅立ってしまった。彼は優鬱を慰めるべく大北カナダの大自然の懐に飛び込んだのであった。こころではフィリップを慕っているイソベルは戯談から駒が出てひょんなことになったので周章して恋人の跡を追った。フィリップは騎馬警官の威勢の良いのにすっかり感心して志願して入隊した。そしてある時一旦捕らえた悪漢ブラッキイ・ノームを取り逃したので決死の追跡をして急流激流に身を投じて再び逮捕した。のみならずイソベルとその父親との危難をも救って功名を立てた。かくて円満に騎馬警官を辞してイソベルの詫びを入れて彼女と幸福な家庭を作った。

作品データ

原題 Steele of the Royal Mounted
製作年 1925年
製作国 アメリカ
配給 松竹キネマ社
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 漂浪の健児