101匹わんちゃん大行進|MOVIE WALKER PRESS
MENU

101匹わんちゃん大行進

1962年7月21日公開,79分
  • 上映館を探す

ウォルト・ディズニーが「眠れる森の美女」につづいて完成した長篇漫画映画。ドディ・スミスの同名小説を原作にビル・ピートが脚色、ウォルフガング・ライザーマン、ハミルトン・S・ラスク、クライド・ジェロニミの3人が監督した。音楽は作曲がジョージ・ブランス、編曲がイブリン・ケネテケィ。現行邦題「101匹わんちゃん」。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ポンゴはダルメシアンという犬の雄。ロンドンのアパートに住む作曲家ロジャーの飼犬だ。主人にも自分にもお嫁さんを見つけなければと思っている。窓から外を眺めるポンゴは素敵なダルメシアンの雌犬が美しい女の人と公園へ行くのを見つけ、主人をせきたて後をつける。ふとした失敗でその女アニタとロジャーは池に落ち、これが縁で2人は結婚、ポンゴは素敵な雌犬パーディタをお嫁さんに迎える。間もなくパーディタは15匹の子を産む。ところがアニタの友だちのクルエラは毛皮きちがい。子犬を全部売ってくれという。ロジャーは断る。怒ったクルエラは2人の犬さらいを雇って15匹の子犬を盗ませる。ポンゴとパーディタは町中の犬に子犬の捜索を頼む。事件は遠く田舎まで伝えられた。知らせを聞いた老犬の大佐と猫のチッブス軍曹は近くの怪しい屋敷を調べる。それはクルエラの別荘で、15匹のほかに84匹も別のダルメシアン犬が監禁され、クルエラのオーバーの材料になろうとしていた。大佐の知らせでポンゴとパーディタが駆けつけた。2人の犬さらいの目をかすめ99匹の子犬は脱出した。自動車で追いかけてくるクルエラと犬さらい。物置にあった煤でみんなは変装。うまく逃げることができた。101匹の犬はロジャーとアニタの家に無事着いた。自分の作った歌が大ヒットしてお金が入ったロジャーは101匹の犬を連れ田舎で暮らすことになった。

スタッフ

ウォルト・ディズニー

製作

ケン・ピーターソン

総監督

ロバート・O・クック

録音

ドナルド・ホーリデイ

編集

ロイ・M・ブリューワー・Jr.

編集

イヴリン・ケネディ

ミキサー

アブ・アイワークス

特殊効果

ユースタス・ライセット

特殊効果

ジョージ・ブランス

音楽

フランクリン・マークス

オーケストラ指揮

ハリー・タイトル

製作担当

ビル・ピート

脚本、キャラクターデザイン

ドディ・スミス

原作

ケン・アンダーソン

美術監督

ウォルフガング・ライザーマン

監督

ハミルトン・S・ラスク

監督

クライド・ジェロニミ

監督

メル・リブン

作詞・作曲

ロイ・O・ディズニー

製作

トム・オレブ

キャラクターデザイン

ミルト・カール

作画監督

フランク・トーマス

作画監督

オリー・ジョンストン

作画監督

ジョン・ラウンズベリー

作画監督

エリック・ラーソン

作画監督

マーク・デイビス

作画監督

ドン・グリフィス

レイアウトチェック

コラン・キャンベル

レイアウトチェック

アーニー・ノードリ

レイアウトチェック

ウォルト・ペレゴイ

色彩設計

ボブ・ブロートン

撮影

C・O・スライフィールド

音響監修

レス・クラーク

原画

ハル・キング

原画

クリフ・ノードバーグ

原画

ブレイン・ギブソン

原画

エリック・クレワース

原画

ジョン・シブレイ

原画

アート・スティーヴンス

原画

ジュリアス・スヴェンセン

原画

ハル・アンブロ

原画

テッド・バーマン

原画

ビル・ケイル

原画

ドン・ラスク

原画

ディック・ルーカス

原画

アンビー・ペイリウォーダ

原画

ジャック・ボイド

エフェクト原画

ダン・マクマヌス

エフェクト原画

エド・パークス

エフェクト原画

ジャック・バックリィ

エフェクト原画

アル・デンプスター

背景

ラルフ・ヒューレット

背景

アンソニー・リッツォ

背景

ビル・レイン

背景

バジル・デビドビッチ

レイアウト

ジョー・ヘイル

レイアウト

ディック・アング

レイアウト

マクラーレン・スチュワート

レイアウト

デイル・バーンハート

レイアウト

ホーマー・ジョナス

レイアウト

ヴァンス・ジェリー

レイアウト

レイ・アラゴン

レイアウト

アル・ジンネン

レイアウト

サミー・ラナム

レイアウト

ビクター・ハボウシュ

レイアウト

ドース・A・ランファー

エフェクト原画

作品データ

原題
One Hundred and One Dalmatians
製作年
1961年
製作国
アメリカ
配給
日本RKO
上映時間
79分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?