TOP > 上映中の映画作品を探す > 巴里の狂乱

チャールズ・ケニヨンの原作及び脚色を、メトロの「彼女の真価」フォックスの「狼の人」等と同じくエドモンド・モーティマーが監督した。主役は「巌窟王(1922)」「地の極みまで」等と同じくジョン・ギルバートで、対手は、「六時五十分」等出演のルネ・アドレー

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

造船業者ラオール・ボナールの息子ポールは美術家であったが、父に理解がないので不満な日を送っていた。パリ暗黒街の酒場において野猫とライオンに2人は山猫と呼ばれるジュリアの取り合いで雌雄を決することになっていたが、野猫は逃れる途中でポールを打倒し、彼の衣服を奪ってしまった。記憶力を失ったポールは酒場へ運ばれてアパッシュの一員になった。彼は落胆した美術批評家に励まされて、再び絵筆を握ることとなり、いまは愛するジュリアを描いて傑作を完成した。ジュリアは、ポールの素性を知って彼を彼の父へ伴い、手術を受けさせることにした。その結果彼が記憶力を回復すれば、彼は自分のことを忘れ果てるかもしれないと知りつつも、彼女はポールの幸福を願わずにはいられなかったのである。手術の結果は予期の通りであった。ポールはジュリアのことを忘れてしまったが、描いた絵を見て彼女を想い出し、パリへ帰ってライオンに挑まれているジュリアを救うことができた。

作品データ

原題 A Man's Mate
製作年 1924年
製作国 アメリカ
配給 フォックス支社
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 巴里の狂乱