TOP > 映画作品を探す > パジャマゲーム

1953年に発表されベスト・セラーとなったリチャード・ビッセルの小説「七セント半」を、彼自身とジョージ・アボットがミュージカル「パジャマゲーム」として翌年にブロードウェイで上演、1000回近い公演で大当たりをとったものの映画化である。舞台と同じこの2人の書いた脚本を「パリの恋人」「無分別」のスタンリー・ドーネン監督とジョージ・アボットが共同で製作・監督し、撮影監督は「初恋(1958)」のハリー・ストラドリング。音楽部門を担当した、作詞リチャード・アドラー、作曲ジェリー・ロスは、これが出世作となった30代のチームである。主演は「先生のお気に入り」のドリス・デイに、新人ジョン・レイト、「舞踏への招待」のキャロル・ヘニイ、「夜の豹」のバーバラ・ニコルス、「エディ・フォイ物語」のエディ・フォイ・ジュニアリタ・ショウ等。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アイオワ州ダビュックにあるパジャマ製造工場では、組合側から出された、他の工場なみの1時間につき7セント半のベース・アップを工場主ヘイスラーが受け付けないことから、騒動がもちあがろうとしていた。頭の古いヘイスラーは、この要求を共産主義者のしわざだときめつけたので、労組苦情処理係ベーブ・ウィリアムズ(ドリス・デイ)を先頭に、組合員一同は能率係ヘインズの監督もきかばこそ、ストライキ突入を計画した。驚いた工場主は新任の工場主任シド・ソーロキン(ジョン・レイト)という青年に事態を収拾させようとした。ところが、経営者側の人間である彼が、労働者側の急先鋒であるベーブの美しさにすっかり魅了されて魂を奪われてしまったので、事態は奇妙なことになった。だがベーブは、今は色恋などを問題にしている時ではないとそっぽを向いてしまった。しかし美男のシドには、ベーブの同僚のプープシーやメーベルやメー達、その上ヘイスラーの秘書のグラディス(キャロル・ヘニイ)までがすっかり熱中してしまった。そんな騒ぎの最中に、恒例の全米ワイシャツ及びパジャマ製造会社連合の大ピクニックが開催された。この日ばかりは角つきあっている労使双方も、和気あいあいと興じあった。その楽しさの中で、ベーブとシドの心も互いに接近した。しかしピクニックが終了すると、ベーブは頑として組合のことではシドに同調しない。経営者側が要求に応じないので、ベーブ等闘争委員は怠業に入ることを決定、工場の動きは葬送曲のようにスロー・テンポになった。役目上シドはみんなを説得した。そしてベーブとシドの口論となり、パジャマ製造機を故障させたベーブは、シドに解雇されるという羽目になった。これに対抗した組合員たちは、寸法の小さい上着を、大きな下着と一組にしたりするレジスタンスの挙に出た。セールスマンのマックスは、これでは製品を得意先に納入出来ぬと、苦情を申したてた。一方、ベーブをクビにしたシドは、どうも目覚めがよくないので、彼女の復職を実現させるためには7セント半の賃上げを何とか認めさせるほかないと帳簿の調査をはじめた。必要な帳簿を、秘書グラディスの首につるした金庫の鍵を巧みにとりあげて調査してみると何と書類上では半年前に賃金はちゃんと上がったことになっているのが判明した。シドに重役会で報告すると脅されて、さしものヘイスラーも組合側の要求を受けいれ、待望のベース・アップが貫徹したので、ベーブとシドも結ばれた。盛大なパジャマ・ファッション・パレードが催されて、組合員たちは勝利を祝った。

作品データ

原題 The Pajama Game
製作年 1958年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース
上映時間 101
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > パジャマゲーム