そこにいた男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

そこにいた男

2020年11月13日公開,33分
R15+

「岬の兄妹」の片山慎三監督による短編映画。深夜、とあるマンション内のエレベーターホールに、血だらけの女・紗希と意識朦朧とした血まみれの男・翔がいた。取調室で虚ろな目をした紗希が、翔との関係を話し始める。二人の出会いは二年前にさかのぼる……。出演は、「スペシャルアクターズ」の清瀬やえこ、「空と海のあいだ」の安井秀和。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

深夜、とあるマンション内のエレベーターホール。血だらけの女・紗希(清瀬やえこ)が座り込み、煙草を吸いながらスマホで誰かに電話をしている。その横には、意識朦朧とした血まみれの男・翔(安井秀和)が倒れている。住人たちはその光景にカメラを向け、警官たちは慌ただしく無線を飛ばしていた。取調室に、虚ろな目をした紗希と二人の刑事がいる。柔和で悲しげな表情を浮かべた紗希が、翔との関係を話し始める。二年前、映画制作のスタッフとして下働きをしていた紗希は、撮影現場で俳優の翔と出会った。連絡先を交換した二人は、ほどなく体の関係を持つようになる。紗希は翔のために借金を重ね、番組の制作費を盗んでまで翔に身も心も捧げた。だが、翔にもう一人の女の影が……。

作品データ

映倫区分
R15+
製作国
日本
配給
CRG
上映時間
33分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?