TOP > 上映中の映画作品を探す > ハースメル

「透明人間」のエリザベス・モスがパンクロックのカリスマシンガーを演じるドラマ。女性3人組バンド“サムシング・シー”のボーカルのベッキーは、その音楽性で熱狂的なファンを生む一方、周囲からの批判やプレッシャーによって心身のバランスを崩していく。監督・脚本は、「プーと大人になった僕」の脚本をつとめたアレックス・ロス・ペリー。出演は、「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」のカーラ・デルヴィーニュ、「美女と野獣」のダン・スティーヴンス、「プッシャー」のアギネス・ディーン

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アリーナを埋め尽くすほどの人気を誇る女性3人組のパンクロックバンド“サムシング・シー”のメインボーカルであるベッキー・サムシング(エリザベス・モス)は、パンクロック界のカリスマ的存在だった。彼女の音楽性と過激なパフォーマンスは熱狂的なファンを生む一方で、その言動は常に世間の注目を集め、周囲からの批判やプレッシャーによってベッキーは心身のバランスを崩していく。人気に陰りが出ると、ベッキーはその焦りから呪術師に心酔し、ドラッグやアルコールに溺れていく。さらに、バンドメンバーとの間にも大きな亀裂が生じ、関係者からも敬遠されるようになる。そして常軌を逸した行動によって、ついに舞台から引きずり降ろされる。数ヶ月後、バンド活動を休止し、表舞台から姿を消したベッキーは、アルコールやドラッグを絶ち、少しずつ自分を取り戻そうと葛藤していた。そんな彼女を、最愛の娘タマの存在が救う。ベッキーは自分の過去と向き合い、バンドメンバーやかつての仲間の力を借りながら、再びステージに戻ろうと決意する。

作品データ

原題 HER SMELL
製作年 2018年
製作国 アメリカ
配給 イオンエンターテイメント
上映時間 136
映画公式サイトへ
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ハースメル