TOP > 上映中の映画作品を探す > 僕の名はパリエルム・ペルマール

ヒンドゥー教社会の身分制度・カースト制度による差別を、ダリト(不可触民)出身のマーリ・セルヴァラージ監督が描く人間ドラマ。弁護士を目指すパリエルムは同じクラスの女学生と親しくなるが、彼女の親族は彼がダリト出身であるのを理由に交際を反対する。「ヴィクラムとヴェーダ」のカディルが差別に直面し苦悩する青年を演じる。製作には「カーラ 黒い砦の闘い」を監督したパー・ランジットが参加。抑圧される者の叫びを、幻想的表現を交え活写する。特集インディアンムービーウィーク2020にて上映。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

パリエルム・ペルマール(カディル)は弁護士になることを目指し法科大学に進学。そして同じクラスの女子学生ジョー(アーナンディ)と仲良くなるが、彼がダリト(不可触民)の出身であることを理由にジョーの親族たちから二人の交際を反対されてしまう。激しい差別に直面し、パリエルムは自らの存在について苦悩する。

作品データ

原題 Pariyerum Perumal
製作年 2018年
上映時間 153
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

パリエルム・ペルマール カディル
ジョー アーナンディ
Anand ヨーギ・バーブ
Sankaralingam リジェーシュ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 僕の名はパリエルム・ペルマール