TOP > 上映中の映画作品を探す > 音響ハウス Melody-Go-Round

予告編を見る
音響ハウス Melody-Go-Roundの画像

1974年12月に東京・銀座に設立され、CITY-POPの総本山として再注目を集めるレコーディングスタジオ・音響ハウスのドキュメンタリー。坂本龍一など、多彩な顔触れが楽曲の誕生秘話を語る。また、佐橋佳幸らによる新曲のレコーディングにも密着。監督は、「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」の相原裕美

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1974年12月に東京・銀座に設立されたレコーディングスタジオ・音響ハウスは、CITY-POPの総本山として近年再注目を集めている。YMO時代からこのスタジオで試行錯誤を繰り返してきた坂本龍一をはじめ、松任谷由実、松任谷正隆、佐野元春、綾戸智恵、矢野顕子、鈴木慶一、デイヴィッド・リー・ロス(ヴァン・ヘイレン)ら多彩な顔触れが、音響ハウスとの出会いや思い入れ、楽曲の誕生秘話を語る。さらに、当時のプロデューサーやエンジニアにもカメラを向け、1970年から1980年代にかけて勃興した音楽ジャンル、CITY-POPがどのように形作られていったのかも紐解いていく。制作秘話とともに紹介される忌野清志郎と坂本龍一がコラボした『い・け・な・いルージュマジック』も見どころのひとつである。さらに本作は、音響ハウスの歴史と日本の音楽史に与えた影響を俯瞰するだけにとどまらず、ギタリストの佐橋佳幸とレコーディングエンジニアの飯尾芳史が発起人となり、大貫妙子、葉加瀬太郎、井上鑑、高橋幸宏らゆかりのミュージシャンによる新曲『Melody-Go-Round』のレコーディングにも密着する。若干13歳の女性シンガー・HANAが楽曲に歌声を吹き込むと、45年の歴史を持つスタジオだからこそのマジックと奇跡が起こる。レコーディングエンジニア出身の監督は、スタジオを維持する機材修理のベテランスタッフにも目を向け、もの作りをする上で最も重要な姿勢を映し出す。数あるレコーディングスタジオのなかで、なぜ音響ハウスが長年愛されてきたのか、その答えは本作にある。

作品データ

製作年 2019年
製作国 日本
配給 太秦
上映時間 99
映画公式サイトへ
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 相原裕美
企画プロデューサー 相原裕美相原裕美
エグゼクティブプロデューサー 高根護康
プロデューサー 尾崎紀身
撮影 北島元朗
編集 宇野寿信
サウンドデザイナー 山田克之
テクニカルディレクター 新木進
ラインプロデューサー 小瀧陽介
主題歌 HANA with 銀音堂
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 音響ハウス Melody-Go-Round