ビューティフルドリーマー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ビューティフルドリーマー

2020年11月6日公開,75分

“監督絶対主義”を掲げ、本広克行らが立ち上げた新レーベル“シネマラボ”第1弾。文化祭前日の先勝美術大学。その喧騒をよそに、のんびり過ごしていた映画研究会だったが、古い段ボールに入った1本のフィルムを見つけたことから、思わぬ事態が巻き起こる。出演は「イノセント15」の小川紗良、「私がモテてどうすんだ」の神尾楓珠、「8日で死んだ怪獣の12日の物語 -劇場版-」の斎藤工。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

翌日に迫った文化祭の準備に追われ、学生たちの熱気と喧騒に包まれる先勝美術大学。そんな中、例年通り文化祭で展示も発表も行わない映画研究会の部室だけは、いつもと同じように、まったりとした時間が流れていた。ところがその朝、“部室の片隅に何かある”という不思議な夢を見たサラ(小川紗良)が、本当に古い段ボール箱を見つけたことから事態は一変。その中に入っていたのは、古い脚本と演出ノート、そして1本の16mmフィルムだった。そのタイトルは“夢みる人”。さっそく映写してみたものの、なぜか映画は未完のまま。そこにふらりと現れたOBのタクミ先輩(斎藤工)が“これは撮ろうとすると、必ず何か恐ろしいことが起こる、OBたちの間ではいわくつきの映画だ”と告げる。しかし、この映画にすっかり魅せられたサラは“これ、私たちでやってみない?”と部員たちに猛アピール。監督をサラが務め、プロデューサーはリコ(藤谷理子)、撮影はカミオ(神尾楓珠)、録音にウチダ(内田倭史)、衣裳とメイクはシエリ(ヒロシエリ)、助監督とその他雑用をモリタ(森田甘路)が担当。こうして、部員が一致団結し、初めての映画制作への挑戦が始まる。ところが、部員たちは次々に予期せぬ困難やトラブルに見舞われることに。やがて資金は底をつき、準備していたクラウドファンディングも大失敗。この脚本は本当に呪われているのか?この終わりなきトラブルに出口はあるのか!?映画研究会の映画製作という“祭”はまだ始まったばかりだった……!

作品データ

映倫区分
G
製作国
日本
配給
エイベックス・ピクチャーズ
上映時間
75分

[c]2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?