TOP > 上映中の映画作品を探す > 生きるべきか死ぬべきか

ナチス占領下のワルシャワから脱出する俳優一座の姿を描くコメディ映画。製作はアレクサンダー・コルダ、監督はエルンスト・ルビッチ、脚本はエドウィン・ジャスタス・メイヤー、撮影はルドルフ・マテ、音楽はウェルナー・ハイマンが担当。出演はキャロル・ロンバート、ジャック・ベニーほか。

4/5
総評価数 10
レビュー 4
投票 6
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (5)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
4

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

39年のワルシャワ。俳優のヨーゼフ(ジャック・ベニー)とマリア(キャロル・ロンバート)のトゥラ夫妻は、シェークスピアの「ハムレット」の中で、2人でハムレットとオフェーリアを演じ、当たりをとっていた。ある日マリアは、若くハンサムなポーランド空軍のソビンスキー中尉(ロバート・スタック)に言い寄られ、夫ヨーゼフが「生きるべきか、死ぬべきか…」の長ゼリフの場面を演じている間、楽屋で中尉との逢瀬を楽しんでいた。しかしその間にも、ポーランドの情勢は悪化し、一座もナチスを刺激しないように、政府から風刺劇「ゲシュタポ」の公演中止を言い渡される。やがてワルシャワもドイツ軍に占領され、ナチの暴虐に対しポーランド人の抵抗は続いた。その頃ロンドンに配属されていたソビンスキー中尉は、ワルシャワに向かったシレツキー教授(スタンリー・リッジス)がナチのスパイであることを知り、英国情報部の協力を得て、単身ワルシャワに帰国、知らせを聞いたトゥラー一座は、「ゲシュタポ」の衣裳であるナチの制服を着て、シレツキー教授を迎える大芝居をうつ。そして教授の陰謀を未然にくいとめた一座の人々は、やがてヒトラーがポーランドを訪れたチャンスを利用して、ポーランドから脱出する計画をたてる。そして中尉の先導のもと、彼らは一座の人々の正体を知って追跡するドイツ軍を振り切って、イギリスへと旅立つのだった。

作品データ

原題 To Be or Not to Be
製作年 1942年
製作国 アメリカ
配給 リュミエール・シネマテーク
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

「TO BE or NOT TO BE」

投稿者:たっかん

(投稿日:2016/7/23)

エルンスト・ルビッチ監督の娯楽作。 ナチス・ドイツがポ…

[続きを読む]

支持者:0人

くるくるまわる

投稿者:landr1225

(投稿日:2012/1/4)

一つ一つのセリフがなかなかおしゃれです。 こんなにヒト…

[続きを読む]

支持者:0人

史上最強のコメディ映画

投稿者:ちゃとと

(投稿日:2008/6/27)

エルンスト・ルビッチ監督。史上最高のコメディ映画♪ よく出…

[続きを読む]

支持者:3人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 生きるべきか死ぬべきか