TOP > 上映中の映画作品を探す > エマ、愛の罠

予告編を見る
エマ、愛の罠の画像

南米チリを代表する映画監督パブロ・ララインが贈る衝撃のドラマ。放火事件を起こした7歳の養子を児童福祉局に返す羽目になったダンサーのエマ。それがきっかけで夫との結婚生活も破綻し、絶望に沈んだ彼女は、ある思惑を秘めて女性弁護士に接近する……。出演は、ラライン自身が発掘し、本作が映画初主演となるマリアーナ・ディ・ジローラモ、「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」などでもララインと組んだガエル・ガルシア・ベルナル

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

若きダンサーのエマ(マリアーナ・ディ・ジローラモ)は、後悔の念に苛まれていた。かつて、養子として引き取ったコロンビア移民の7歳の少年ポロが放火事件を起こし、彼を児童福祉局に返す羽目になったのだ。当時のエマは母親として未熟だったが、今ではポロを心から愛おしく想い、もう一度やり直したいと願っていた。しかし、その願いは叶わず、所属するダンス・カンパニーの振付師である夫ガストン(ガエル・ガルシア・ベルナル)ともポロを巡る口論が絶えず、夫婦仲は険悪になっていた。さらにこの一件は、勤務先の小学校でも問題視され、エマは退職に追い込まれる。ついにガストンとの結婚生活が破綻したエマは、ダンサー仲間の家に身を寄せ、唯一の心のよりどころである情熱的なレゲトンダンスのリズムに身を委ねていく。そんなある日、エマは中年の女性弁護士ラケル(パオラ・ジャンニーニ)のオフィスを訪れる。表向きはガストンとの離婚調停の相談に乗ってもらうためだったが、エマは別の思惑を心に秘めていた。さらに、ダンサー仲間の協力を得て火炎放射器を入手したエマは、真夜中の市街地で車を炎上させる騒動を起こす。現場に駆けつけた実直な消防士アニバル(サンティアゴ・カブレラ)は、ラケルの夫だった。その後もラケルと親密さを深めながら、アニバルをも誘惑したエマは、2人の心のすき間に巧みに分け入り、妖しい魅力で彼らを虜にしていく。さらに、他の男性との交際を仄めかし、エマに未練を残す別居中のガストンの嫉妬心を煽り立てる。ラケル、アニバル、ガストンの間を彷徨い、悪女のように3人を手玉に取るエマ。だが彼女には、綿密に練り上げたある計画があった。その仕上げとして、ポロが通う小学校にダンス教師として潜り込むエマ。その先に待ち受けるのは破滅か、それとも希望か。かけがえのない愛を取り戻し、未来を切り開くため、エマが仕掛けた“罠”が迎える驚愕の結末とは……。

作品データ

原題 EMA
製作年 2019年
製作国 チリ
配給 シンカ
上映時間 107
映画公式サイトへ
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/18更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > エマ、愛の罠