TOP > 映画作品を探す > 殺人狂騒曲 第9の生贄

予告編を見る
殺人狂騒曲 第9の生贄の画像

19世紀を舞台にしたロシア製ミステリー。サンクトペテルブルクで、美女ばかりを狙った連続猟奇殺人事件が発生。犠牲者の体内から、魔術の印“ペンタグラム”が描かれた卵を発見した警部ロストフと相棒ガニンは、霊媒師オリヴィアに霊視を依頼するが……。出演は「ラフマニノフ ある愛の調べ」のエフゲニー・ツィガノフ、「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」のデイジー・ヘッド。「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」、「バーフバリ」シリーズのVFXを手掛けたFilm Direction FX社がVFXを担当している。監督は「アイスブレイカー 超巨大氷山崩落」のニコライ・ホメリキ

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

19世紀のサンクトペテルブルク。この街で、美女ばかりを狙った連続猟奇殺人事件が発生する。死体には不可解な焼き印が押され、手足が切断されたり、両目が縫い合わされたりするなど、奇妙な特徴があった。事件の真相を追う警部ロストフ(エフゲニー・ツィガノフ)と相棒のガニン(ドミトリー・リセンコフ)は、第4の犠牲者の体内から、魔術の印“ペンタグラム”が描かれた卵を発見する。“ペンタグラム”を使って降霊儀式を行う霊媒師オリヴィア(デイジー・ヘッド)の存在を知ったロストフは、犠牲者の霊視を依頼。遺体と対面したオリヴィアは、“第9の犠牲者まで殺人は続く”と予言する。やがて、捜査線上に浮かび上がるドクロのタトゥーを入れた怪しい人物。ところが、その事件の裏には、驚愕の真実が隠されていた……。

作品データ

原題 THE NINTH
製作年 2019年
製作国 ロシア
配給 ツイン
上映時間 92
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 殺人狂騒曲 第9の生贄