PLAY 25年分のラストシーン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

PLAY 25年分のラストシーン

2020年11月6日公開,108分
PG12

25年に渡る主人公の成長を、ホームビデオの映像で振り返る試みの斬新さで話題を集めたフランス映画。1993年。13歳のマックスは、両親から贈られたビデオカメラで、家族や友人たちとの日々を撮影し始める。やがてそれは、彼のライフワークとなり……。主演のマックス・ブーブリル(「ピッチの上の女たち」)は、監督のアントニー・マルシアーノと共同で脚本も手掛けている。2020年6月5日から公開延期。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1993年、パリ。両親からビデオカメラを贈られた13歳のマックスは、陽気で温かい家族の姿や友人たちとの日々を撮り始める。それは彼のライフワークともいえる趣味になっていった。やがて38歳になったマックスは、撮りためた25年に及ぶ映像を振り返り、編集する。エマと初めて会った日のこと、仲間との夜遊び、旅行、サッカーW杯、ミレニアム、挫折、成功……。そこには、いつも一緒に過ごしていた4人の仲間たちとの日々、そして彼のすべてが記録されていた。素直になれず、大切なものを手放してしまったマックスは、新たに“映画”のラストシーンを準備するが……。

作品データ

原題
PLAY
映倫区分
PG12
製作年
2018年
製作国
フランス
配給
シンカ=アニモプロデュース
上映時間
108分

[c]2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER [c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0
  • shiron56158431

    5
    22日前

    アフターコロナの今、更に心に響きます。

    一方向の目線で時を写し撮っていたビデオカメラ。
    過去を閉じ込めることしか出来なかったカメラのレンズは、レンズ同士がリアルタイムで繋がるようになり、今を共有するツールになった。
    でも距離は?
    はるか遠くの人とも簡単に繋がれて、物理的な距離感が曖昧になってきている現代では、
    カメラ越しではなく、その人本人が目の前に居てくれることに尊さを感じる。
    クライマックスの驚きと感動は、今の心に響きました。

    リモート試写会だったので、Wi-Fiの調子が悪くなったのかと焦るオープニングww
    ビデオテープの音と画像が懐かしい!

    子供の頃の映像がとにかく笑えました〜!
    ビデオを手にしたことが嬉しくて、何でもかんでも撮影しちゃう感じとか、編集して消えてみたりとかww
    大概はそのへんで飽きて、家族のイベントだけの出番になるところですが…主人公は日常を撮り続けていきます。
    近所の女の子達を誘うシーンとか、可愛すぎ。(*^▽^*)
    バカバカしい仲間との遊びや会話は
    戻ってこない時間だから、こんなに愛おしいのでしょうか?

    映画は彼が編集した動画を見ている設定なのですが、編集のセンスが良い!
    主人公が編集している感じで監督が編集しているので、頭が混乱してきますがww
    途切れ途切れのシーンで、家族の状況の変化が透けて見えるところなんかは、直接決定的なシーンを見せられるより辛かったり。
    シーンには無い間の時間を観ている側が埋めていくので、どんどん登場人物たちに近づいていって、同じ時間を一緒に過ごしてきたかのような親近感が湧いてきます。
    シーンが途切れて、次のシーンになるまでに、こんなに心配な気持ちになることは、普通の映画ではあまり無い気がします。
    それから、見えないシーンにこんなにドキドキすることも(〃ω〃)

    主人公はビデオカメラを向ける事で仲間を見つめ、ビデオカメラを向ける事で自分の思いを残してきたけれど、カメラの影に隠れて直接相手に伝える勇気が無かった。

    一見『6才のボクが、大人になるまで。』と似ているように語られるかもしれませんが、
    『6ボク』は第三者の目から少年の成長を追う、リアルな素材でフィクションを描いた作品。
    一方本作は、作家の目を持った少年が一つの映像作品を作りあげるまでの成長ストーリー。
    フィクションの素材でフィクションを描いた
    言うなれば『13才のボクが、監督になるまで。』

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告