TOP > 映画作品を探す > LETO -レト-

第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、カンヌ・サウンドトラック賞最優秀作曲家賞を受賞した青春ドラマ。80年代初頭の旧ソ連。禁じられていた西側の影響を受けたバンドのリーダーであるマイクは、才能ある若者ヴィクトルと出会う。出演は、「殺されたミンジュ」のユ・テオ、「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」のイリーナ・ストラシェンバウム、ロックバンド、Zveriのヴォーカル兼ギタリストのローマン・ビールィク。監督は、「The Student」がカンヌ国際映画祭ある視点部門に選出され、フランソワ・シャレ賞を受賞したキリル・セレブレンニコフ

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1980年代前半のソ連・レニングラード。資本主義諸国の文化は禁忌とされていたが、L・ツェッペリンやT・レックスなど、西側のロックスターの影響を受けたアンダーグラウンド・ロックが花開こうとしていた。ある日、その最前線で人気を博していたバンド、ズーパークのリーダーであるマイク(ローマン・ビールィク)のもとに、ロックスターを目指すヴィクトル(ユ・テオ)が訪ねてくる。マイクはヴィクトルの才能を見出し、共に音楽活動を行っていく。一方、マイクの妻ナターシャ(イリーナ・ストラシェンバウム)とヴィクトルは、互いに淡い恋心を抱くようになる……。

作品データ

原題 LETO
製作年 2018年
製作国 ロシア=フランス
配給 キノフィルムズ
上映時間 129
映画公式サイトへ
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > LETO -レト-