ポルトガル、夏の終わり|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ポルトガル、夏の終わり

2020年8月14日公開,100分
  • 上映館を探す

『人生は小説よりも奇なり』のアイラ・サックスがメガホンをとり、死期を悟った主人公と、彼女の大切な人々との関わりを描くヒューマンドラマ。主人公フランキーを『エル ELLE』のイザベル・ユペールが演じるほか、『パディントン2』のブレンダン・グリーソン、「スパイダーマン」シリーズのマリサ・トメイらが出演。第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。

予告編・関連動画

ポルトガル、夏の終わり

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ヨーロッパを代表する女優フランキー。自身の死期を悟った彼女は“夏の終わりのバケーション”と称して、親友や家族をポルトガルにある世界遺産の町・シントラに呼び寄せる。彼女はそこで、自分がこの世を去ったあとも愛する人たちが平和に暮らせる段取りを整えようとする。しかし、それぞれが問題を抱えていたことで、彼女の計画が大きく崩れていく。

作品データ

原題
FRANKIE
製作年
2019年
製作国
フランス=ポルトガル
配給
ギャガ
上映時間
100分

[c]2018 SBS PRODUCTIONS / O SOM E A FÚRIA © 2018 Photo Guy Ferrandis / SBS Productions [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.8
  • Movie Walkerユーザー

    3
    2020/8/22

    なんて素敵な所なの。ポルトガルへ行ったことがないのだがこの映像そのままPRになってしまう。

    世界遺産ということで観光地でもあるわけだ。別荘なんぞあるエリアは人も少ないし、爽やかな風の音も聞こえ、ホント、気持ち良さそう。
    世界的に例年酷暑だが、ここだけは違って見える。時折雨が降ったりfoggyだったりするが、それも良し。さりげなくこの土地の説明なんかもされてホント、宣伝である。
    I.ユペール、たしかにフォトジェニックだ。で、スノッブ。地元の人の誕生日会の中で居心地悪そうな感じが実生活でもそうなんじゃないかと想像してしまう。自身より女優が出てしまうんだよな。クレームではなく、だからこういう訳は丁度良い。

    ラストの山頂での映像も音なんかなくて正解。観客はただただその映像をゆっくり堪能しているだけでよろしい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 3
    2020/8/20

    Isabelle Huppertは性格に癖が有る女性を演じる事が多くて、コレもそう見えるんだけど、凄く様になるし、表情がストレートで、感情が手に取るように判る所、凄い。

    何より、ラストの方の山頂で振り返るシーン、流石だな~って感動した。

    悪人も居ないし、生きていればそりゃ色々有る・・と言う程度で、大きなトラブルも無い。
    フランキーの愛する人たちが集まって最期の夏を一緒に過ごすだけなんだけど。

    凄く綺麗よね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • 泉水

    3
    2020/8/19

    <レビュー確認中>

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告