映画-Movie Walker > 作品を探す > 花嫁の感情

「輝ける百合」「白い友情」のクローデッド・コルベールが「輝ける百合」「春を手さぐる」のフレッド・マクマレイと「野いばら」「ロスチャイルド」のロバート・ヤングを相手に主演する映画で、エリザベス・サンクセイ・ホールディングの原作を「輝ける百合」と同じくクロード・ビニヨンが脚色、ウェズリー・ラッグルズが監督に当たった。助演者は「わたしのすべてを」のウィリアム・コリアー・シニア老、「永遠に愛せよ」のドナルド・ミーク、「流線型超特急」のエドガー・ケネディ、「罪と罰」のジョニー・アーサー等で、撮影は「カレッジ・リズム」のレオ・トーヴァーが担任している。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ジャック・プリストウは子供のときからジネット・デスムローが好きだった。今日はジャックの25才の誕生日で彼が350万弗の財産を貰う日だった。ところがデスムロー家は完全に破産し銀行の好意で生活している状態なので、当然出席すべきジネットは祝宴に姿を現さなかった。ジャックの用心棒にサイ・アンダースンという新聞記者上がりの男がいた。ジャックが乱暴者ですぐ喧嘩をするため雇われているのだが、罪は常にジャックにあった。だからサイはジャックの喧嘩の相手を殴るのが常に不満だった。ジャックはこのサイの不服らしい態度が気に食わず、祝宴の帰りにサイをクビにした。サイはジャックを殴るときが来たのを喜んだところが2人の争いに運転手が加わったとき、サイは思わずジャックを殴らず、運転手を殴ってしまった。ジャックはサイのこの友情に感じてクビを取り消し2人で「男性」という雑誌を始める事となった。ジネットはこれを聞いてジャックに仕事を手伝うと申し込んだ。勿論道楽のように装って頼んだのであった。サイは男の雑誌に女が道楽ではいる事を嫌って、ジネットをボーイ同様に酷使した。従ってサイとジネットは事毎に喧嘩したが、そのうちにサイはジネットの家の実情を知り、ついに2人の間に愛が生まれた。だがジネットはサイの粗暴な性質が気に食わなかった。ジャックはジネットが諦めきれず、ある夜彼女がサイと喧嘩した事を利用してジネットを口説いて駆け落ちした。サイはジネットの父からこれを聞き、2人の後を追って結婚式場に駆けつけジャックを殴り倒して彼の代わりに花婿になったのであった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Bride Comes Home
製作年 1935年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 花嫁の感情