ルース・エドガー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ルース・エドガー

2020年6月5日公開,109分
PG12
  • 上映館を探す

『クローバーフィールド・パラドックス』のジュリアス・オナー監督がメガホンをとり、2019年のサンダンス映画祭で絶賛を浴びたサスペンスドラマ。誰からも愛される主人公ルース・エドガーを『イット・カムズ・アット・ナイト』のケルヴィン・ハリソン・Jr.が演じ、『シェイプ・オブ・ウォーター』のオクタヴィア・スペンサー、『或る終焉』のティム・ロス、『インポッシブル』のナオミ・ワッツらが共演する。

予告編・関連動画

ルース・エドガー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカで白人の養父母とともに暮らす高校生のルース・エドガー。彼はアフリカにある戦火の国で生まれたが、言語や文化など多くのハンデを克服。人々に慕われ、模範的な生徒として称賛されていた。しかし、ある課題のレポートがきっかけで、同じアフリカ系の女性教師ウィルソンと対立してしまったルースは、危険な思想に染まっているのではないかと疑われてしまう。

作品データ

原題
LUCE
映倫区分
PG12
製作年
2019年
製作国
アメリカ
配給
キノフィルムズ=東京テアトル
上映時間
109分

[c]2018 DFG PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • アベ

    5
    2020/7/2

    優等生だと思っていた生徒が、ひょっとしたら危険な考えを持っているのではと、教科担当の教師が課題として出したレポートから勘ぐり、本人に面談して確かめたらよさそうなのに、よりによってその生徒のロッカーを勝手に開けて、中を見たところから話がおかしくなっていく。何と、ロッカーに入っていた紙袋には、学校に持ち込んではいけない爆発性の花火が入っていた。それならそれで、紙袋をロッカーに戻し、この件を校長に報告するなりすればいいものを、よりによって、紙袋を取り出し、その生徒の母親を学校に呼んで、事情を話して花火を渡し、家で本人と話すよう、最後は丸投げする。
    この映画、なんでそうなるの?と言いたい箇所は幾つかあるけれど、ただ我々もアメリカでは有色人種として白人からは差別の対象と見なされているので、主に黒人のことを描いていながら、他人事とは思えない。
    しかも、アメリカで起こった白人警官による黒人逮捕時の過失死が問題になっている現在でもあるので。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • seapoint

    3
    2020/6/21

    両親も絡んでくるか。
    メインはルースとハリエットの対峙である。
    学もあり人望厚く人を惹き付ける話術。彼のような人物をワンダーボーイというのかな。
    アメリカ前の過去が彼を飛躍させるか、足かせになるか、彼のさわやかな笑顔からは彼の本心を読み取るのは至難。

    ハリエットの想像するような思想や行動ならば?彼女の痛恨のミスは学校や教師という権力をふりかざしてしまった。
    母親の助けもあったから事は彼の通り。大概の母親は子供を守りたいものであるのも計算か。
    幼少期の環境は自己を形成する土台となる。それは変えることはできないと思う。

    O.スペンサーほどの演技力がないと到底ルースと対峙するシーンは緩くなってしまうだろうな。拍手。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • コージィ

    4
    2020/6/14

    人種、見た目、印象。
    思い込みや、型にはめた類型で、人を判断するアメリカ社会をえぐる一作。

    義母役のナオミ・ワッツと、養子のルース役ケルビン・ハリソンのW主人公。

    ルースとは「光」。
    黒人が暗く閉じ込められる箱の国で、彼は光となるのか?光が逆に濃い影を新たに作るのか?

    教師の周りで起きた事件の真犯人が誰かという謎解きもなく、心情を台詞で吐露することもない。
    淡々と状況証拠だけ積み上がり、真実の判断は観客に委ねるという、観客に厳しい作り。

    それが面白さを生み、むしろ説明しないのが本作の重要なポイントとして作られていることは理解できるものの…
    とんどの人はわかりにくさに「ぽかーん」として、「で、伝えたいことは何?」と戸惑って終わりのような気がしました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告