TOP > 映画作品を探す > さらばわが愛、北朝鮮

第42回モントリオール世界映画祭ほか国際映画祭で多数上映されたドキュメンタリー。1952年、モスクワ国立映画大学に留学した北朝鮮の若者8人が、母国に戻らずソ連に亡命した。その後、50年以上にわたりユーラシア各地で活動した彼らのその後を追う。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
4

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1952年、北朝鮮から8人の若者がモスクワ国立映画大学に留学した。彼らは北朝鮮には帰らず、当時の金日成首相を批判。エリートとしての約束された将来を捨てて、1958年にソ連に亡命した。それから50年以上にわたり、カザフスタンをはじめとするユーラシアの各地で、映画監督や作家として活動した彼らのその後を追う。撮影監督のキム・ジョンフンは、カザフスタンで特殊効果の専門家となった。「The Year of The Dragon」で高く評価された映画監督のチェ・クッキンは、ウイグルのレジスタンス運動に結束を呼びかけた。ハン・デヨンは、中央アジアに居住する朝鮮民族のための劇場“高麗劇場”の作家となった。1993年に亡くなったハン・デヨンのロシア人妻などへのインタビューを通して、彼らの真実に迫る。

作品データ

製作年 2017年
製作国 韓国=ロシア
配給 パンドラ
上映時間 80
映画公式サイトへ
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/7更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > さらばわが愛、北朝鮮