TOP > 上映中の映画作品を探す > セノーテ

山形国際ドキュメンタリー映画祭2015でアジア千波万波部門特別賞を受賞した「鉱ARAGANE」の小田香が、ユカタン半島北部に点在する洞窟内の泉“セノーテ”の全貌に迫る。8ミリカメラやiphoneまで駆使し、誰も見たことのない世界を写し出す。マヤ文明の時代、唯一の水源だったセノーテは、雨乞いの儀式のために生け贄が捧げられた場所でもあり、その近辺には今もマヤにルーツを持つ人々が暮らしている。現世と黄泉の世界を結ぶと信じられていたセノーテを巡り、人々の過去と現在の記憶が交錯する。2020/6/20より公開延期。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

メキシコのユカタン半島北部に点在する“セノーテ”と呼ばれる洞窟内の泉。かつてマヤ文明の時代、セノーテは唯一の水源であり、雨乞いの儀式のために生け贄が捧げられた場所でもあった。この泉の近辺には現在も、マヤにルーツを持つ人々が暮らしている。現世と黄泉の世界を結ぶと信じられてきたセノーテを巡って交錯する人々の過去と現在の記憶。そこに、『精霊の声』、『マヤ演劇のセリフテキスト』など、マヤの人たちによって伝えられてきた言葉の数々が、現地の人々の語りで流れる。カメラは水中と地上を浮遊し、光と闇の魅惑の映像に遠い記憶がこだまする。監督の小田香は、今もこの地で暮らす人々に取材し、集団的記憶や原風景を、映像として立ち上げることを試みる。小田はセノーテの水中撮影のため、自らダイビングを学び、8mmフィルムカメラやiphoneまで駆使し、これまで誰も見たことのない世界を写し取る。

作品データ

製作年 2019年
製作国 日本=メキシコ
配給 スリーピン
上映時間 75
映画公式サイトへ
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小田香
撮影 小田香
編集 小田香
エグゼクティブ・プロデューサー 越後谷卓司
プロデューサー マルタ・エルナイズ・ピダルホルヘ・ボラド小田香
現場録音 アウグスト・カスティーリョ・アンコナ
整音 長崎隼人
現地オーガナイザー マルタ・エルナイズ・ピダル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/18更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > セノーテ