ドヴラートフ レニングラードの作家たち|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ドヴラートフ レニングラードの作家たち

2020年6月20日公開,126分
  • 上映館を探す

現代ロシアの伝説的作家セルゲイ・ドヴラートフの知られざる6日間に迫る、ベルリン映画祭銀熊賞受賞作。1971年レニングラード。詩人ヨシフ・ブロツキーと共に自らの作品を発表しようと模索するドヴラートフだが、政府からの抑圧により出版を封じられてしまう。ドヴラートフを演じるのは、セルビア人俳優のミラン・マリッチ。監督は「神々のたそがれ」のアレクセイ・ゲルマンを父に持つアレクセイ・ゲルマン・ジュニア。4月25日より公開延期。

予告編・関連動画

ドヴラートフ レニングラードの作家たち

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1971年レニングラード。ソビエトで活動する作家セルゲイ・ドヴラートフ(ミラン・マリッチ)は、友人で詩人のヨシフ・ブロツキー(アルトゥール・ベスチャスヌイ)と共に、世間に発表する機会を得ようと模索していた。そんな闘いのなか、彼らは政府からの抑圧によって出版を封じられ、その存在を消されていく。すべてをかなぐり捨て、移民としてニューヨークへ亡命する決意を固めるドヴラートフ。それは、厳しい環境下で喘ぎつつも、精彩を放ち続けたドヴラートフの人生における郷愁と希望の狭間で格闘した究極の6日間であった……。

作品データ

原題
DOVLATOV
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
ロシア
配給
太秦
上映時間
126分

[c]2018 SAGa/ Channel One Russia/Message Film/Eurimages [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.5
  • Iwata Hiroyasu

    5
    2020/8/2

    映画「ドヴラートフ レニングラードの作家たち」を見学。SNSに発表される素人の自画自賛に飽き飽きして退屈だった心と体と脳に、強い文学の刺激を蘇らせてくれた。
    アレクセイ・ゲルマン・ジュニア監督が描くロシア文学家、芸術家たちのソビエト時代のあがき、苦しみ、そしてその中から紡ぎだす文学への情熱。本年度ナンバーワン傑作!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告