さよなら、ティラノ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

さよなら、ティラノ

公開未定,97分
  • 上映館を探す

劇場版「名探偵コナン」を手がける静野孔文監督が絵本『ティラノサウルス』シリーズをアニメ映画化。暗闇が怖いティラノサウルスのティラノ、飛べなくても前向きなプテラノドンの少女プノン、親とはぐれたトリケラトプスの子供トプスは、天国を求めて旅立つ。音楽を坂本龍一が手がける。ティラノの声を『ポケットモンスター』シリーズの三木眞一郎が、プノンの声を『アイカツ!』の石原夏織が、トプスの声を『幼女戦記』の悠木碧が担当。

予告編・関連動画

さよなら、ティラノ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

恐竜の時代。氷河期が近づき全てが荒廃していた。飛べない特異なプテラノドンの少女プノン(声:石原夏織)は乱暴なゴルゴサウルスの群に追われ捕まりそうになったところ、地上最強との呼び声高いティラノサウルスのティラノ(声:三木眞一郎)が目の前に現れる。ティラノの迫力に押されゴルゴサウルスたちは退散。今度はティラノがプノンを食べる番かと思われたが、ティラノはプノンに目もくれず、木の上になっている赤い実を食べはじめた。ティラノに興味を抱き休む間もなく話しかけるプノンを後に、ティラノが自分の道を進もうとすると、プノンは自分が天国というところを探して向かっており一緒に行かないかと持ちかけられ、ティラノはプノンと一緒に行くことを決意。しかしゴルゴサウルスが地上最強の地位を奪おうとティラノに執心し追いかけてきた。途中出会った親とはぐれたトリケラトプスの子供トプス(声:悠木碧)を仲間に加え、プノン、ティラノ、トプスは天国を目指して旅をしていく。

作品データ

映倫区分
G
製作国
日本
配給
東映ビデオ
上映時間
97分

[c]2018 “My TYRANO” Film Partners [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?