TOP > 映画作品を探す > 花のあとさき ムツばあさんの歩いた道

NHKの人気ドキュメンタリーシリーズ『秩父山中 花のあとさき』の劇場版。秩父の山深い村に暮らす小林ムツさんは、長い間世話になった畑に花を咲かせて山に還したいとの思いから、日々花を植えてきた。住人が年々いなくなる村に、春、色とりどりの花が咲き誇る。平成14年から放送され、大反響を呼んだ7本の番組を集大成し、本作のために書きおろされたオリジナル楽曲と未公開シーンを加えて上映。ナレーションを元NHKアナウンサーの長谷川勝彦が担当。監督・撮影は、ムツさんに惹かれて18年にわたり取材を続けたNHKカメラマン・百崎満晴

5/5
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

埼玉県秩父の山深い村に暮らす小林ムツさんは、平成に入った頃から夫の公一さんとともに、先祖代々守ってきた段々畑をひとつまたひとつと閉じ、そこに花を植えてきた。その数、1万本以上。長い間、世話になった畑が荒れ果てていくのは申し訳ない。せめて花を咲かせて山に還したいと語るムツさん。夫婦が心がけていたのは、いつか誰も世話をする人がいなくなっても咲く、丈夫な花を育てること。暮らす人が年々いなくなる小さな村は、春、色とりどりの花に包まれるようになった。福寿草、レンギョウ、ハナモモ、ヤマツツジ……。潤いの雨を受けてアジサイが咲き、秋は、苗木の時から夫婦で育てたモミジが彩りを見せる。「いつか人が山に戻ってきたとき、花が咲いていたらどんなにうれしかろう」柔らかな笑顔でそう言うムツさんだったが、やがて、あるつらい出来事が……。

作品データ

製作年 2020年
製作国 日本
配給 NHKエンタープライズ=新日本映画社
上映時間 112
映画公式サイトへ
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 百崎満晴
プロデューサー 伊藤純
撮影 百崎満晴大高悦裕
ナレーション 長谷川勝彦
編集 渡辺政男
録音 大塚顕土肥直隆
車両/特機 神山清二坂本充今井秀樹
音響効果 飯村佳之
作曲 大曽根浩範喜多直毅巨勢典子
音楽演奏 大曽根浩範喜多直毅巨勢典子加藤崇之高野裕美
MA(音声編集) 五十嵐浩暢那須野剛志
制作 荻原広人菊水昌樹細沼義彰嶋田淳河邑厚太

レビュー

「生きる」ということ・・・

投稿者:杉ちゃん

(投稿日:2020/6/20)

 このドキュメンタリー映画に「ここが良かった」とかのコメント…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 花のあとさき ムツばあさんの歩いた道