ワンダーウーマン 1984|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ワンダーウーマン 1984

2020年12月18日公開,151分

ガル・ガドットがDCコミックスの人気キャラクターに扮した『ワンダーウーマン』の続編。世界の崩壊を止めるため、ワンダーウーマンが陸、海、空を舞台に壮絶なバトルを繰り広げる。前作に続き主人公をガドットが、彼女の恋人スティーブをクリス・パインが演じるほか、巨大な陰謀を企てる実業家マックスを『イコライザー2』のペドロ・パスカル、正体不明の強敵チーターを『ゴーストバスターズ』のクリステン・ウィグが演じる。

予告編・関連動画

ワンダーウーマン 1984

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1984年、欲望があふれる狂乱の時代。ダイアナは最愛の恋人スティーブを失い、悲しみや孤独と向き合う毎日を過ごしていた。一方で、テレビ画面に映る謎の男が「だれよりも幸せになりたいか?私が叶えてみせよう」と大衆を扇動し、街は混乱に陥ってしまう。そんななか、街を守るため戦うダイアナの前に、死んだはずのスティーブが現れる。

作品データ

原題
WONDER WOMAN 1984
映倫区分
G
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
151分

[c]2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & [c]DC Comics [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

4.0
  • Movie Walkerユーザー

    4
    13日前

    ひとつだけ願いがかなえられるなら、何を望むか。それを引き換えに何を失うか。考えさせられました。
    もっとコミカルな内容があるかと思いましたが、ギャグ要素はなく、まじめに戦っていました。人々の願いは最悪だと思いましたが、自分がかなえたいことも、腕力が強くなりたいというようなことを望んでしまいそうだと思い、自身にがっかりしました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • はんべ

    3
    1ヶ月前

    最新の映像技術で迫力ある表現はアメコミにピッタリですね。

    スティーブはお調子者なところはあるけれども、ダイアナのバディはやはりコイツでなきゃ!と思わせる男前でした。でももうさすがに次回は出れないか。

    ただ、内容自体も1984年っぽく古臭いところが残念なところ。リセットしたら(ほぼ)元通りなんて神様パワー凄すぎるわ。あとヴィラン側の結末が語られなかったり、優しいオチが付いたりでモヤモヤ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • tom

    4
    1ヶ月前

    アメコミ映画らしい大迫力の戦闘シーン。
    スクリーンを縦横無尽に動き回るスケールの大きさ。
    最強ヒロインのかっこよさ。
    それだけじゃなく、感動させてくれるんです。
    ただのアメコミ映画じゃなく、胸がグっとくるストーリー。
    それよりも何よりも、
    何といっても、ガル・ガドットの美しさ。
    優しく強いダイアナ役はガル・ガドットしか考えられません。


    続きを読む + 閉じる -
    違反報告