ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~

5月公開,114分
  • 上映館を探す

長野五輪でスキージャンプ団体の金メダルを陰で支えたテストジャンパーたちの実話を映画化。西方はリレハンメル五輪で代表選手として出場し、銀メダルに甘んじる。故障により次の長野五輪の代表を逃すが、テストジャンパーとして参加してほしいと依頼される。出演は、「図書館戦争」シリーズの田中圭、「春待つ僕ら」の土屋太鳳、「あの頃、君を追いかけた」の山田裕貴。監督は、「荒川アンダーザブリッジ」の飯塚健。

予告編・関連動画

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1998年長野五輪、ラージヒル団体で日本初の金メダルを狙う日本スキージャンプチーム。そのエース原田のジャンプを、元日本代表・西方仁也(田中圭)が特別の想いで見守っていた。前回大会・リレハンメル五輪で原田とともに代表選手として出場した西方は、日本代表最高飛距離135mを飛び、金メダル目前だった。しかし原田がジャンプを失敗し、銀メダルに甘んじた。西方は4年後の長野五輪での雪辱を誓い練習に打ち込むが、腰の故障により代表を落選する。悔しさに打ちひしがれていると、長野五輪にテストジャンパーとして参加してほしいと依頼される。テストジャンパーとは、競技前にジャンプ台に危険がないかを確かめ、競技中に雪が降ると何度も飛んでジャンプ台の雪を踏み固めるジャンパーのことで、西方は屈辱を感じながらも、様々な思いを抱えて集まったテストジャンパーたちと準備を始める。そして五輪本番を迎える。団体戦の1本目のジャンプでまたしても原田が失敗し、日本は4位に後退。さらに、猛吹雪により競技が中断する。このまま競技が終われば、1本目の結果で順位が決まってしまう。そんななか、審判員たちが「テストジャンパー25人が全員無事に飛べたら競技再開する」という判断を下す。日本の金メダルへの道は、西方率いる25人のテストジャンパーたちへ託された……。

作品データ

配給
東宝
上映時間
114分

[c]2020映画「ヒノマルソウル」製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?