一度も撃ってません|MOVIE WALKER PRESS
MENU

一度も撃ってません

2020年7月3日公開,100分
  • 上映館を探す

『エルネスト』の阪本順治監督と、『行きずりの街』を手掛けた脚本家・丸山昇一が描くハードボイルド・コメディ。日本映画界を代表するバイプレーヤーの石橋蓮司が19年ぶりに映画主演を務め、さえない小説家と伝説の殺し屋という2つの顔を持つ主人公を演じる。また、彼の妻を大楠道代が演じるほか、岸部一徳、桃井かおり、佐藤浩市、豊川悦司、妻夫木聡ら豪華キャストが顔をそろえる。

予告編・関連動画

一度も撃ってません

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ハードボイルドを気取る小説家・市川の原稿は、時代遅れな作風からまったく採用されず、担当編集者からも愛想を尽かされていた。そんな市川は物語にリアルを求めるべく、ヒットマンのふりをして“殺し”の依頼を受け、本物の殺し屋に仕事を回してその状況を取材していた。だが、ただのネタ集めのつもりだったその行動がきっかけで、市川は妻に浮気を疑われ、さらに敵のヒットマンから命をねらわれてしまう。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
キノフィルムズ
上映時間
100分

[c]2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • movado

    4
    2020/7/13

    主役級の俳優はごく少ないけれど、脇役としては超一流の名優を多数集めた名品という印象。構想はなかなかユニーク。派手なアクションがないので、観る人を選ぶかも。老境に差し掛かり、人生のラップアップをしようともがく人々の群像はとても共感できる。青年老い易く学成り難し。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • コージィ

    3
    2020/7/4

    ヤクザや暴力、理不尽な世界を撮り続けてきた阪本監督による、セルフパロディっぽい。
    俳優陣はえらく豪華でしたが、個人的には笑いが滑っていた感じ。

    作中でしっかり人死の出る話だったから、もっとハードボイルド方面に振っても、またはもっと作家コメディに振ってもよかったかも。
    中途半端な位置に落とし込んだために、どっちつかずな印象に。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告